なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Wasted Death

昨日、温泉に行く途中、道路脇にキツネの死体が
横たわっていた。

おそらくは車にでも轢かれたのだろう。
既にどこからかカラスがやってきて、死肉をついばんでいた。

こうやって車に轢かれた動物のことを、英語で「roadkill」という。
ニュージーランドでは良くウサギやポッサムの死骸を見たし、
オーストラリアでは郊外の道路脇にたくさんのカンガルーやワラビーが
死んでいた。

そんなことを思い出しながら、私の頭の中には、先日の釣り場での
ある光景が浮かんでいた。

海で釣りをしていると自分が狙っている魚以外にも、
いろんなものが釣れる。

それは、外道の魚であり、ヒトデであり、ナマコであったりする。

そんな、自分の意にそぐわないものが釣れた時、それをそのまま
防波堤の上に放置する奴がいるのだ。

先日の防波堤の上にも、そうやって干上がって死んだヒトデが
たくさん転がっていた。

私はこういうことをする人間が全く理解できない。

ただ黙って海に投げ返せばいいだけなのに、それを足元に放置して
殺してしまう。

ヒトデの他に、良く犠牲になるのがウグイだ。

ウグイは良く釣れる魚なのだが、特に北海道では食べてもまずいと
信じられていて、釣れたらそのまま放置する人がいる。

餌を取られた悔しさか、それとも、再び釣れるのを避けるためか、
どちらにしても、そんなくだらない理由で殺してしまう人間に
私は釣りなどする資格はないと思う。

人間が生きていくためには、他の生き物の生命を犠牲にしないと
いけない。ベジタリアンだって、植物の生命を犠牲にしている。
だから、仏教でいう殺生の全てを否定しているわけではない。

しかし、無駄に、意味も無く生き物を殺すという行為は全く意味が違う。

ヤドカリ
写真は私が釣ったヤドカリ。もちろん、海へ帰した。

私の知り合いのカナダ人が面白いことを言った。

彼は野菜と魚は食べるが、肉は食べない。
理由は、魚は自分でもさばけるが、動物は自分ではさばけないからだと
言うのだ。とても深い考え方だと思った。

要するに、もっとひとりひとりがこういったことを真剣に考える
べきなのだと思う。


話題になっている鯨の問題についてもそうだ。

私は、牛や豚はいいけど鯨はダメだという意見には賛成できないし、
逆に、昔から食っているからいいじゃないかという考えにも反対だ。

結局、食べてよいもの、食べるべきでないものというのは他人が決める
ことではない。

要は、各個人がもっと自分が食べるものに関心を持って、良く考える
べきなのだと思う。

その結果、鯨は知能の高い動物なので、食べるべきではないという人が
ほとんどであれば、商業捕鯨はそもそも成立しなくなるだろう。
逆に、それでも食べるという人が10%居れば、10%に見合った規模で
商業捕鯨は続くだろう。

もちろん、資源が減ったという話が伝われば、その時々で、また各人が
考え直し、自身の結論に従って行動すればいいのだと思う。

今日は、放置されたヒトデたちの無駄な死(wasted death)を見て、
あまりに腹が立ったので、堅い話になってしまった。

以上、青年の主張「生命について考える」でした。


人気ブログランキングへ

こちらも応援クリックして頂けるとなんまら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

応援クリックして頂けるとなまら嬉しいです。

| 釣り | 18:50 | コメントはこちらから:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

わかります。私も動物が好きなので、動物園はかわいそうと思っています。排気ガスだらけの天王寺動物園で、人気者のトラさんは広い場所でゆったり優遇されていましたが、オオカミやワシなどマイナー的な動物は、園のはじっこでオリに入れられて、とても狭そうでウロウロしていました。無駄飼いせず、トラだけ動物園にしたらいいのにと思いました。極論ですが・・。
ゾウも、アフリカで暮らすゾウとはあきらかに表情が違いますしね。
そういえば、中1のとき、弁論大会で、命の大切さ、動物を食べることをテーマにしていしまい、出場が決まってから結論にずっと悩んで書き直していたことを思いだしました。

| k-ko | 2010/04/11 14:06 | URL |

命の問題

こんにちは。

いろいろ考えさせられますね。

だいぶ前、ブログにも書いたのですが、
「菜食主義」にも疑問を持っています。
彼らの考え方にね。
動物の命は奪えないけど、植物の命は奪っていい、という考え方ですよね。

命に感謝し、ありがたくいただく。決して食べ物を無駄にしない、それが一番だと思うのです。
ギャル○○などの大食い、あれも食物の無駄だと思います。

上で書いた記事です。↓よかったらご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/haru2006_1964/e/9650c0efa0e2ff60d955dfd60cfa74ae

| haru | 2010/04/11 19:16 | URL |

Re: タイトルなし

k-koさん

動物を観るのは好きなので、動物園へは行きますが、
彼らの希望を失った目を見ると、なんかやっぱり
間違ってるのかなと思ったりもします。

今はたまたま人間が地球上の生き物の中で、頂点にいますが、
もし人間より、知能的、体力的に上回る動物なり、地球外
生命なりが現れたら、映画「猿の惑星」みたいに、人間が
檻に入れられる可能性だってあるわけですからね。

その際に、虎や熊を檻に入れるのはいいけど、人間を入れるのは
間違っているっていくら抗議をしても、全く意味ないでしょうしね。

| Swimmer to the moon | 2010/04/11 19:53 | URL |

Re: 命の問題

haruさん

コメントありがとうございます。
ブログ拝見させて頂きました。

とても難しい問題です。

動物と植物の命に差があるのか? 植物に感情はないのか?
感情が無ければ殺していいのか?

これらの質問に、誰もが納得できる答えはおそらくないのだと思います。

だからこそ、各個人個人が他人の考えを黙って受け入れるのではなく、
自分自身で良く考えることだと思います。

命に感謝する。食べ物を無駄にしない。その通りだと思います。

一人一人にもっと考えて欲しい問題です。

ただ、残念なことに、日本の学校教育の方法の問題もあって、
自分の頭で考えずに、人に何でも教えてもらうという癖がついているので、
日本ではなかなか難しいと思いますね。

そういう意味では、ベジタリアンの方々は少なくも問題意識を持って
命の問題を考えた結果だと思うので、私はそれはそれで尊敬できるのでは
ないかと思います。

| Swimmer to the moon | 2010/04/11 20:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/66-6710ee94

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。