なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リベンジ。。。ならず

岩内スキー場

昨日、朝4時に起きて、前回のリベンジの釣りに行った。

前日の予報では最低気温-2℃、最高気温5℃、晴れ。

風も前回とは違い、3~4mの予想。

申し分ない。

ただ、唯一の懸念材料は小潮。

海で釣りをする人は分かると思うが、潮があまり動かない
小潮は釣りには向いていない。

でも、自然はそんなに我々の都合のいいようにはいかない。

朝、外に出ると、空には三日月が出て、羊蹄の山の端を
きれいに映し出していた。


すっきりと晴れたおかげで、放射冷却の影響で、予想より気温は
下がっているように感じられた。

釣竿

早朝はとても寒かったが、8時ごろから気温がプラスに
転じたと思われ、日光を浴びているととても暖かく感じられた。

天候は申し分がなく、とても気持ちが良かったが、やはり
潮の影響だろうか、お魚さんたちはあまり反応してくれない。

それでも、なんとか5匹のカレイを釣り上げたところで、
地元の人らしきおじさんに話しかけられた。

防波堤の入り口からひとりずつに釣果を訊いてまわったらしいが、
いい人で3~4匹、全く釣れてない人もたくさんいると言う。

フィッシャーマンとしての私の小さなプライドがちょっと回復した。

そういえば、隣の6人組のおじさんたちも、釣れたのは1人だけ
だったし、いつも来ているらしい人はこんな悪い日は初めてだと
言っていた。

私は北海道の釣り人について思うことがある。

こんなことを言うと怒られるかもしれないが、道民はあまり
釣りが上手くない。


おそらく、釣れるのが当たり前の環境に慣れすぎているのだろう。

隣の6人組も、釣れない、釣れないとぼやいているだけで、
工夫をしている様子が全く無い。

私も、投げ釣りは素人だが、それでも投げるポイントを変えたり、
反応が無ければ1~2mずつ巻いて、点ではなく線で釣る位の
ことはしている。

内地出身の私は釣れない環境に慣れているのだ。

だから、北海道で坊主なんて、私には考えられない。
(などと言っていると、そのうちやってしまいそうだが)

結局、そこそこの大きさのマガレイが1枚と小さなマガレイが2枚、
これまた小さなクロガシラカレイが2枚の計5枚に終わった。

本当の意味でのリベンジにはならなかったが、釣りのいいところは
釣果が全てではないこと。この素晴らしい景色の中で、ゆったりと
した時間を過ごせるだけでも、とても気持ちがいい。

魚干し網

一番大きかったカレイは煮付けに、他の4匹は干し網で
一昼夜干して、骨まで食べられる唐揚げにした。

自然の恵みだ。


人気ブログランキングへ

こちらも応援クリックして頂けるとなんまら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

応援クリックして頂けるとなまら嬉しいです。

| 釣り | 20:06 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/65-5e1cbfc3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。