なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

外国人の命を救った

私が住んでいる街には冬の間外国人がたくさんスキーにやって来る。
おそらく実際に来たことのある人以外は想像もつかないと思うが、
冬の間の外国人比率は夜の六本木どころではない。

バーのほとんどが外国人であふれ、日本人の姿を探す方が難しいほどだ。
だから、夜には酔っ払った外国人の姿をあちこちで見かける。

そんな中、事件は起こった。

数日前の夜のことだった。

夜中に何かの物音で目が覚めた。

朦朧とした意識の中で、誰かが何かを叩いている音が聞こえた。
いや、良く聞いてみると、何かを叩きながら叫んでいるようだ。

どうせまた酔っぱらいだろうと、気にせずに再び目を閉じた。

しかし、5分ぐらい経っても、まだ声は聞こえてくる。
良く聞いてみると。。。

Somebody, Help! と叫んでいる。

しかも結構近いようだ。

仕方なく布団から起き上がり、声がする方を窓から覗いてみるが、
姿は見えない。こちらからは家の陰になっているようだ。

Fxxking Aussie!とかSwear wordsを叫び始めた。

どうせ酔っぱらってオージーとけんかでもしたのだろう。

時計を見てみると午前3時。

声は同じ場所からずっとしているので、動けないのだろうか?

殴られて動けなくなっているか、けんか相手にヒモか何かで
縛られているのかもしれない。

でも、姿が見えずどんな奴かも分からないし、しかもこの真夜中に
自ら外へ出て行きたくはなかった。

だからと言って放置すると、酔っぱらって寝込み、
翌朝には冷たくなっているに違いない。

ここは警察に任せることにして、地元の警察に電話した。

私は一刻も早く警察が来てくれることを祈った。

もし警察が来るまでに男の声が聞こえなくなったら、寝てしまっているかも
しれないので、自ら出て行くしかないと思い、様子を伺っていた

しかし、雪の降る夜で、しかも警察署まではここからは少し離れているので、
到着するのには早くても20分ぐらいはかかるはずだ。

幸い、男はずっとうめき声や叫び声をあげていたので、私が出て行くことは
なく、通報から30分ぐらいしてパトカーのランプが見えた。

結局、パトカーが来て、警察官に促されると、自力でパトカーに乗り込んだので、
動けないわけではなかったようだ。おそらくは酔って自分の宿泊先が分からなく
なったか何かなのだろう。

実は、去年の冬もイギリス人がひとり亡くなっている。

私が放置していれば、同じことが起きていたかもしれない。

酒を飲んで酔っ払うのは構わないが、北海道の冬を舐めてはいけない。

FC2Blog Ranking

こちらも応援クリックして頂けるとなんまら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

応援クリックして頂けるとなまら嬉しいです。

| 北海道生活 | 18:15 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/39-d47dd1e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。