なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lover come back to me (名曲紹介 その14)

古今東西を問わず、失恋ソングは数多くあるが、私の中での一番はこの曲。

Billie Holiday の Lover come back to me



The sky was blue
And high above
The moon was new
And so was love
This eager heart of mine was singing
Lover where can you be

<中略>

The sky is blue
The night is cold
The moon is new
But love is old
And while I'm waiting here
This heart of mine is singing
Lover come back to me

出逢った頃、空は青く、月は新しかった。そして、私達の恋も新しかった。

そして今も、空は青く、月は新しいけれど、夜は寒く、私たちの恋は古くなってしまった。

単純でありながら、心に残る、素敵な歌詞だと思う。


軽快な曲調だけを聴くと、それほど悲しい曲には聴こえないのだが、
Billie Holidayが歌うと、途端に物悲しく切ない曲になってしまうから不思議だ。

When I remember every little thing
You used to do
I'm so lonely
Every road I walk along
I walk along with you
No wonder I am lonely

Billie Holidayが活躍したのは1930年~1950年代の話。
なんと今から80年も昔の話だ。

彼女の波乱に満ちた生涯は『ビリーホリデイ物語』として映画にもなっているほどだが、
私がBillie Holidayに興味を持ったのは、中学生の頃だっただろうか、Janis Joplinが影響を
受けたという話を聞いたからだった。

Billie Holidayは他にもたくさんの素晴らしい曲を残しているが、私の一押しはこの曲。

さらに言うと、Billie Holidayはこの曲を何度もレコーディングしていて、他にもたくさんの
ヴァージョンが存在するが、ここに紹介するこのヴァージョンが一番だと思う。









↑こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ

↑応援クリックお願いします。

| 音楽 | 10:54 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/347-bd0ae210

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。