なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

清志郎の珠玉のバラードばかり集めてみた

なぜか最近また急に清志郎の曲が聴きたくなって、ずっと続けて聴いていた。

清志郎は死んでいない。

私の中で間違いなく生きている。

考えてみれば、清志郎が生きていた頃も、私は会ったことがあるわけではなく、
ライブに行ったことすらない。

ただ、こうして、家にあるCDやレコード、YOUTUBEを通して、清志郎の歌を
聴いている分には、この世に肉体が生きていた頃も、死んでしまった後も、
清志郎の声は何も変わらず、私の心に響いている。

もし、清志郎の曲をまだちゃんと聴いたことがない人がいるなら、是非一度
耳を傾けて頂きたい。奇抜なファッションやメイクだけで敬遠しているとしたら
それは大きな間違いだ。

日本のロック史上、いや音楽史上、もうこれほどのアーティストは現れない。


エンジェル/RCサクセション

中学生の頃、レコードが擦り切れるぐらいこの曲を何度も聴いていた。
Rolling StonesのAngieを連想する名曲。

調子にのってるぜ 運のいいエンジェル
また想い出しちゃう やさしくされたこと
歩道橋渡るとき 空に踊るエンジェル
お月さまお願い あの娘返して



多摩蘭坂/忌野清志郎

この曲も中学時代に良く聴いた。
RCを代表するバラードの名曲。

夜に腰かけてた 中途半端な夢は
電話のベルで 醒まされた

<<中略>>

だけど どうも苦手さ こんな夜は

お月さまのぞいてる 君の口に似てる
キスしておくれよ 窓から



Oh! Baby / RC Succession

歌詞といい、曲といい、何も言うことはない。

いっしょに暮そうぼくとふたりで
ふさわしい家をさがして住もう
そしたらぼくはギターとペンを持って
きみのための歌をきっと書くだろう

Oh!Baby ぼくを泣かせたいなら
夜ふけに悲しい嘘をつけばいい
Oh!Baby ぼくをダメにしたいなら
ある朝きみがいなくなればいいそれだけでいい



甲州街道はもう秋なのさ/忌野清志郎&仲井戸麗市

秋の初めに必ず思い出す曲。
こんな曲が1976年に既にあったとは驚き。


窓の外は雪/忌野清志郎

アルバムに収録されていない隠れた名曲。
歌詞も素晴らしい。スローバラードに勝るとも劣らない名曲。

あーあ とうとう裸にされちゃった
なんて 言いながら
あの娘が起き上がる朝
窓の外は雪



スローバラード/忌野清志郎

日本の音楽史に残る名曲。

昨日はクルマの中で寝た
あの娘と手をつないで
市営グランドの駐車場
二人で毛布にくるまって

カーラジオから スローバラード
夜露が窓をつつんで、
悪い予感のかけらもないさ


みんながもっと清志郎の声に耳を傾けておけば、福島の原発事故は
起きなかった。清志郎は事故が起きる20年以上も前の1988年に、
反原発の曲を発売しようとして発売中止に追い込まれた。

我々は今一度、清志郎の声に耳を傾けなくてはならない。

『原発はいらない。

原発はあぶない。

事故はいつか起こる。

おまえらなんかには任せておけねぇ』












↑こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

応援クリックお願いします。

| 音楽 | 23:02 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/323-8ab09ddc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。