なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

La Campanella (名曲紹介 その12)

私はいつも仕事をしながら音楽を聴いている。

基本的にはヘビーメタルが多いのだが、メタルな気分ではない時には
最近よく辻井伸之さんのピアノを聴いている。

そうしてYOUTUBEでいろいろと検索をしているうちに出会ったのがこの曲。

フジコ・ヘミングさんのラ・カンパネラ。


La Campanella by Ingrid Fujiko Hemming

私はピアノは弾けないし、楽器に詳しいわけではないので、演奏の良し悪しに
ついては良く分からないが、ピアノという楽器は弾く人によって同じ曲でも
全く違って聴こえることを最近知った。

これだけ音楽が大好きでありながら、学校での音楽の授業が大嫌いだった私は
リストという作曲家の名前すら知らなかったが、YOUTUBEのおかげでラ・カンパネラと
いう素晴らしい曲と出会うことが出来た。

しかも、何がどう違うのかは私には良く説明できないが、フジコ・ヘミングさんの
演奏が一番好きだ。

思い起こせば小学生の頃、私の小学校では超有名な暴力教諭が音楽を担当していた。

今、教師による体罰が社会問題化しているが、この先生の暴力は今なら間違いなく
裁判になるレベルにも関わらず、当時の日本では『愛のムチ』という言葉を
隠れ蓑にして、先生が生徒・児童を殴るのは当たり前という社会的風潮があり、
黙認されていた。

本来、音楽や美術といった授業はその楽しさを教えるためのものであるはずだが、
この暴力教諭のおかげで、児童は音楽を楽しむどころか、授業中はずっと緊張して
委縮し、私の小学校では音楽ではなく『音が苦』と呼ばれていた。

おかげで、クラシック音楽はそんな苦痛と間接的に結びついていて、
あの学校のおかげで音楽が嫌いになったという声を今でも聞くほどだ。

そんな私にクラシックの素晴らしさを教えてくれたのはヘビーメタルの
アーティストだ。

意外に思うかもしれないが、実はヘビーメタルはクラシックに一番近い音楽では
ないかとすら思う。実際に、クラシックの影響を受けて、曲に取り入れている
アーティストも少なくない。逆に、バッハやモーツアルトは今の時代に生まれて
いたら、ヘビーメタルをやっていたに違いないと思う。

話を戻して、フジコ・ヘミングさんのラ・カンパネラ。

先ほども言ったとおり、私は演奏のテクニックについては全く分からないが、
ピアノを通してフジコさんの情熱というか人柄というか、得体のしれない
何かが伝わってきて、まるで曲そのものが生き物であるかの印象だ。


ちなみに、こちらは辻井伸行さんのラ・カンパネラ。


La Campanella by Nobuyuki Tsujii

こちらも文句なく素晴らしいのだが、辻井さんの演奏の方が軽快で、
聴いた印象がかなり違うのが分かる。






人気ブログランキングへ

こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

応援クリックお願いします。

| 音楽 | 13:31 | コメントはこちらから:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も辻井さんのピアノ演奏が好き
聴いてると心に響くものがある
純粋な人だからでしょうね(*^^*ゞ

| みゆきん | 2013/02/03 12:22 | URL |

Re: タイトルなし

みゆきんさん

コメントありがとうございます。

ピアノは不思議な楽器ですね。
なぜだか分りませんが、弾いている人の
心の中が音に表れているような気がします。

| Swimmer to the moon | 2013/02/03 16:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/250-dae91fb7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。