なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

村上春樹氏とノーベル文学賞

村上春樹氏は私が最も好きな作家である。

ここ数年はノーベル賞の時期になると、その文学賞の候補として
村上春樹氏の名前が挙がる。

今年はイギリスの多くのブックメーカーが村上春樹氏を最有力とした
オッズを発表していたことから、マスコミのヴォルテージも一段と上がっていた。

結果は今年も選考から外れた。

しかし、正直なところ、そんなことはどうでもいいことだと思う。

もちろん、ノーベル文学賞を受賞すれば、様々な形でのマスコミでの
露出が増え、日本中にたくさんいるミーハーな人たちや、海外の物好きな
人たちが本を買うだろうという意味で、作家を生業としている人間としては
大きな意義があるのだろうとは思う。

一方で、昔からの1読者、1ファンとしては、ノーベル文学賞を取ろうが
取るまいが、村上春樹氏への評価や気持ちが変わるものではなく、
どうでもいいことだと思う。

そもそも、音楽やアート、文学といった芸術に順位をつけることには
無理がある。


ノーベル文学賞を始め、芸術関連の賞というのは、少なくともある一定の
選考委員という人たちの間で評価が高かったという証であり、作家としては
それなりに喜ばしいことなのだろうが、あくまでそれは限られた選考委員が
いい評価をしたということに過ぎない。

結局、大切なのは、自分がその作品と向き合って、何を感じるかという
ことであり、別に大きな賞を取った作品だからとか、世間一般で
評価が高い作品だからと言って、割増しの評価をしたり、変な先入観を持って
接する必要もない。

村上春樹氏が、現代の日本の作家としては世界で一番有名であろうことは
おそらく間違いないと思われるが、私には常に疑問に思っていることがある。

翻訳を通して、村上春樹氏の作品の魅力は本当に伝わるのだろうか?

私の中での村上作品の大きな魅力の一つに、その文体やリズムがある。

当然のことながら、文体やリズムは翻訳で伝えられるはずがない。

文章のリズムというものは、私の中では、小説を読むときに
非常に大きなウェイトを占めている。

リズムが悪い文章はそれだけで読む気が失せて、途中で止めてしまう
ことも良くある。

それは英語の小説を読むときも同じで、例えば、Sidney Sheldonや
Dean R. Koontzの文章はリズムが良くてとても読みやすいが、
一方でどうしても私とはリズムが合わずに読み続けることができない文章もある。

もちろん、私は英語のネイティブでもなく、英文学を勉強したことがある
わけでもないので、これは単に私に合うかどうかの問題で、英語のネイティブが
彼らの文章を読んで同様にリズムの良さを感じるかどうかは分からないが、
文章を読む上でリズムの良さというのは、英語だろうが日本語だろうが
とても重要なファクターだと思う。

また、小説を読む面白さのひとつとして、読む人によって解釈が異なったり、
違う感じ方をするということも大きいと思うが、翻訳された作品は
当然のことながら、翻訳者というフィルターがかかってしまっていて
原文を読んでいるのとは全く意味が異なる。

特に日本語の持つ曖昧さは英語に訳す時にそのまま曖昧さとして残すことが
難しいので、日本語で様々な解釈が可能な余地を残した文章でも、英語に
翻訳する際に翻訳者の判断で意味を解釈して特定してしまわないといけない
場面も多々あるはずだ。


村上作品の中の独特の世界を表す言葉として『村上ワールド』というものがあるが、
この村上ワールドというのは、おそらく読者一人一人の中にぼんやりと存在し、
同じ言葉で語られても、それぞれの村上ワールドというのは違うものだと思う。

その辺りが、翻訳者というフィルターを通して、画一化されてしまわないのか?
あるいは、歪められてしまわないのか? 非常に気になるところではある。

私が初めて村上作品に接したのは、私と同じ大学の文学部出身の先輩に勧められて
読んだ『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』が最初だ。

もしそれが『ノルウェーの森』だったら、私はここまで村上作品に嵌ることは
なかっただろう。

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』は私の中で今でも
村上作品の最高峰であり、世の中の全小説の中で最も好きな作品である。

ちなみに『1Q84』はまだ読んでいない。

ずいぶん前に3部とも手には入れたのだが、今はまだいつでも読めるという
状態を楽しんでいる。

音楽でも同じことが言えるのだが、大好きなミュージシャンの発表した
アルバムを全部聴いてしまって、しかもそのミュージシャンが制作活動を
止めていれば、もう新しい作品を聴くことはできない。

私は学生時代、ジャニスやドアーズのレコードを聴きながら、そんな状態を
とても寂しく感じることがあった。

これまで村上春樹氏の小説で手に入るものは全て読んできたはずだ。
『1Q84』が発表されるまでは、もう読める作品がないという寂しさを
感じていたので、今回は少し「いつでも読める心の余裕」を楽しみながら、
機が熟したら読もうと思う。

小説にしても音楽にしても、人の趣向は様々なので、人に勧めても
合うかどうかは、実際にその人がその作品に接してみないと分からない。

ただ、もし村上春樹氏の作品に興味があるなら、私同様にまずは
『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読んでみることを
お勧めする。

理由は、この作品に違和感を覚えたり、この作品を面白いと思わなければ
おそらくは他の村上作品を読んでも合わないだろうと思うからだ。




人気ブログランキングへ

こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

応援クリックお願いします。

| 人生 | 09:57 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/239-9a28bfdf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。