なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『エネルギー・環境の選択肢に関する意見聴取会』という茶番

『エネルギー・環境の選択肢に関する意見聴取会』が全国各地で
始まった。

しかし、予想どおり、意見聴取会とは名ばかりで、開始早々に
誰の目にも茶番であることがはっきりと分かるお粗末なものだった。


結局、落としどころは15%案ということに最初から決まっていて、
そのシナリオのひとつのプロセスとして、形式上の聴取会を
行っているだけなのだ。


その証拠に、意見聴取会といいながら、抽選に当たった人しか発言できず、
その他の来場者は質疑応答の機会すら与えられないとはどういうことか?

国民の意見など最初から全く聴く気がないと言っているのと同じである。

しかも発言ができる9名の選び方にも大いに問題がある。

仙台の聴取会では175人の参加応募があって、抽選で130人が選ばれた。
そのうち93人が意見表明を希望し、原発0%案が66人、15%案が14人、
20~25%案が13人とのことらしい。

つまり、0%案が71%、15%案が15%、20~25%案が14%だ。
(名古屋ではそれぞれ66%、11%、23%)

であるなら、発言できる9名はその比率にしたがって、7・1・1、
もしくは5・2・2でいいはずだが、各層から3人ずつを出すというのは
非常に偏重していて、全く国民の意見の比率を反映していない。


0%案が約71%というのは大飯原発の再稼働の是非を問うアンケートでも
再稼働反対を選んだ人の割合と一致しており、国民の約7割が原発廃止を
希望しているというのはかなり確かな数字だ。


福島原発事故後においても20~25%案を選ぶのはそもそも
電力会社をはじめとする原発利権者か、マスコミを巻き込んだ
電力不足で経済が衰退するだの、計画停電で病院が困るといった
脅迫キャンペーンに脅かされた人たちぐらいしかいないと思われ、
世論が圧倒的に反原発であることは明らかなので、電力会社関係者は
会社ぐるみで個人参加を装ってこの抽選に申し込んだのだろう。

一般に大々的には告知がされず、一方では原発関係者はこの聴取会を
知らなかったものはいないはずだ。

つまり政府は原発反対派の参加希望が殺到することを恐れて、
聴取会を大々的に告知せず、原発推進派の割合を増やしたかったのだろう。


にも関わらず、各派の比率は上記のとおり、圧倒的に0%案が多く、
14名で15%しかいない20~25%という層から3名選べば、おそらく
どんな抽選をしようが、電力会社関係者が当選することになっていた
のだと思う。

だから、抽選をしようが、しまいが、電力会社に意見を述べさせたい
政府的な思惑からは結果は同じだったのだ。

さらに言うと、今回のこれらの聴取会をもっとニュースなどで広報して
いれば、0%案だけが数千人単位に増え、15%案や20~25%案の数は
ほとんど変わらなかったのではなかろうか?

であるなら原発廃止を希望する人は実際には国民の90%を超えている
のかもしれない。

要するに、政府の思惑は『政府は全国で聴取会を行って国民の意見を
聴きました。いろいろな意見がありましたが、間を取って15%案に
決めました』と言える状況を作りたいだけで、日本人が好きそうな、
両者の間を取ったグレーなところを落としどころにすれば、
シナリオどおりに運べるとでも思っているのだろう。


私は本当に情けなくなった。

ここまで国民は馬鹿にされているのかと。

全国の聴取会の最初の3か所が行われただけというのに、すでに
あからさまに電力会社の関係者が(厳正なる抽選に当選し?)登場し、
原子力の必要性をアピールする。

しかも、原発がらみの公聴会のやらせは以前から散々問題になっていたことである。

おまけに、『福島原発事故では放射能の直接的な影響で死亡した人はいない。
5年、10年たっても状況は変わらない』
という信じがたい暴言まで吐いた。

つまり、この男が言ったのは別の言葉に置き換えるとこういうことだ。

福島原発事故で国民が騒いでいるが、誰も直接的影響で死んでないじゃないか。
また事故が起きても、強制避難させればいいだけだ。直接的な影響では
誰も死なない。だから原発を稼働させよう。


『放射能の直接的な影響で死亡した人はいない』
つまり、『直接的な影響で』という言葉でわざわざ限定しているということは
『間接的な影響で』死亡した人がいることは認めるということを示唆している。

現に、事故後の現場で死亡した作業員がたくさんいるようだが、
『直接的な影響で』死亡したと証明が出来ていないだけではないか?

ためしに、『福島 作業員 死亡』というキーワードでネットで検索を
してみるといい。

一説によるとすでに作業員の4300人が死亡したとか、800人が死亡したという
書き込みがあちこちにみられる。

本当だったとしたらとんでもないことで、信じたくはない話だが、
これだけのことが言われるということは、これらの数字が正しいかどうかは
別にしても、おそらく相当数の作業員が実際に被ばくにより亡くなり、
『直接的な影響』は確認できないとして、関連性を否定されているのだろう。

都合の悪いことは隠そうとする体質は、大津で起きたいじめによる
自殺に対応する学校や教育委員会と全く同じだ。

この男に話を戻すと、私はこの発言を聞いた瞬間、例の宗教団体を思い出した。
会社に洗脳されて、正常な判断が出来ないのだろうか。
あんな発言をあの場ですれば、大きな失笑を買うということは子供でも判断できる。
それをずけずけと言ってのけたのだから常軌を逸している。

こんな暴言を、福島から避難している人たちが一体どんな思いで聞いていると
思うのか? 直接的影響と証明できる死者さえ出なければいいのか?

数多くの人が家を失い、故郷を失い、間接的にはたくさんの人間が
放射線の影響による病に侵され、農民の作物や周辺の漁獲物は拒否され、
国民は周辺の食物を食べることが出来なくなり、それでも、『直接的影響』と
証明できる死者さえ出なければ原発を稼働させようと、この男は言っているのだ。


いかにも、自分だけ良ければいいという、原発推進派を代表する意見だと思う。

まぁ、この個人の資質の問題は置いておいて、政府の予見能力の無さはどうか?

同じやらせをやるなら、もう少し上手くやればいいのにと、同情したくなるほどの
稚拙さだ。全く世論の空気が読めていない。


日本全国で原発反対運動が起きる中、小学生にも分かるような茶番の公聴会を
開いて、国民が黙っているとでも思うのか? 

『公聴会を開きました。抽選をしましたが、偶然にも電力関係者がたまたま
たくさん当選しました。しかも、わざわざ各地で公聴会を開いているにも
関わらず、なぜか関係のない地域の人が含まれていました。』

これを聞いて、『あぁ、そうなんですか。偶然そんなことがあるんですね。』
というほど、国民は馬鹿だと思っているのか?

しかも、さらに驚いたことに、これらの公聴会の批判を受けて、慌てて、
今後は電力会社の社員に意見を言わせないことを検討する等という発表をする。

『えっ、もしかして、こういう国民の反応はお得意の『想定外』だったんですか?』
と言いたくなる。

いずれにしても、こんな茶番に気づかないと国民を完全に馬鹿にしていたか、
あるいはそうではなく、こんな反応を予見できなかったというのなら、
どうしようもないぐらい能力の低い人たちが政権を握っていることになる。

自民党政権に絶望し、民主党に期待をした我々国民の選択は間違いだったと
いうことが日々、証明されつつあるのが悲しい。


最後に、今後の意見聴取会を茶番で終わらせないために、興味のある方は
意見聴取会に申し込んで、反原発の意見を述べてみては如何だろうか?

エネルギー・環境の選択肢に関する意見聴取会
http://kokumingiron.jp/









人気ブログランキングへ
こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

応援クリックお願いします。

| 政治 | 21:50 | コメントはこちらから:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私が10代のころに思ったこの国は終わってる でも心のどこかで
いや、この先 人は変わる、変わってくれるとゆう思いも、こうゆう
茶番や怒りが込み上げてくる問題などがあると、いつからか
もう完全な諦めになってしまっている自分に気づき、そうゆう自分が
また情けないとゆうかなんとゆうか…
山口の母子事件や京都の無免許事故…無免許事件、最近では滋賀の恐喝暴行
問題、警察の腐敗、公務員の不祥事、… … … 世の中問題だらけで誰も
改革できず。
ただ、唯一期待しているのが橋本市長。
全ての意見に賛成とゆう訳ではありませんが、少なくとも現在である程度の
力を持った人の中では一番人間味を感じますし、ゆってることかまともだと思います。
でも最終的には人類は終わる と思っています。
金融が優先な世界ですか、株式、ファンド、金を右から左へ左から右へ
だいたい先物てなんですか、食料を欲望で吊り上げ吊り上げ 方や飢餓問題だ
皆さん援助しましょう…
国のトップは外資にミネラルウォーターの権利を売り、その工場の柵の
外では国民が水汲みに2時間も歩き、世の中バカじゃないかーて思います。
私は大阪の西成とゆうところで産まれ育ったので人間の問題裏社会もだいぶ味わったので 私は育ちが悪いことを脳でコントロールしなければ、
と言い聞かせ生きてきました。
その為にあちこちに移住しましたがみんな金儲けに必死です。
話はだいぶ反れましたが、何が言いたいかとゆうと
なまらさんのような人には中々お目にかかったことがないとゆうこと。
知性があり広い視野、そして本当はお金儲けをしようとすれぱ出来るはず
なのに東京でなく北海道で暮らしてはる欲のなさ。
なまらさんのブログを読むと世の中の問題を適格にをぶちまけて
くれてるとゆう爽快さを味わうことが出来ます。
人種じゃなくて心で国が創れてらなーて思います。
そしたらなまらさんが国王の国に住みますよ!

| イトウ | 2012/07/20 01:28 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

イトウさん

コメントありがとうございます。

本当に、世の中は知れば知るほど腹の立つことばかりですよね。

でも、残念ながらというべきかどうかは分かりませんが、
人間の一生は限られたものです。その短い人生の中で、
そういった腹の立つことのすべてに向き合って生きていく
訳にはいきません。

だからイトウさんが諦めに近い感情を持ったとしても、
自分を責める必要はありません。見て見ぬふりは良くないかも
知れませんが、どうしようもないことにストレスを感じるというのは
自分の身体のためにも良くありません。

人間というのは欲深い生き物です。私だって色んな欲を持っています。

ただ、そういった個人の欲は他人の欲と利益が相反することが多いので、
人類が社会の中で生きていくということを選択したのであれば、当然の
こととして制限されなければなりません。

それを理解しない奴らがいるから、まともな人間は怒りを覚え、
ストレスを感じるわけです。

一方で、原発の問題は、同じ欲深い人間の問題と言っても、良くある
賄賂や既得権の問題とは次元が異なります。

これは人間として、絶対に許してはいけないことです。

大体、核のゴミの始末もできず、後世に10万年にもわたって
負の遺産を、現代人のエゴで有無を言わせず残すということ
だけでも絶対にしてはいけないことです。

今回の事故はそんな後世の人間から我々への警告なのかも
しれません。

長くなりましたが、イトウさんのように、物事を自分の頭で
きちんと考えることが出来る人間が増えれば、日本の世の中は
もっと良くなるはずです。

そんな日が来ることを祈っています。

| Swimmer to the moon | 2012/07/20 19:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/234-b5681f26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。