なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北海道のがれき受け入れ問題

北海道でもがれきの受け入れ問題が議論されている。

放射能の影響の実態が不透明だからという理由で反対している札幌市を
始めとして、反対する自治体もあれば、稚内市のように前向きな
自治体もあり、その対応は様々だ。

不幸にも起きてしまった大震災の傷を、今回震災の影響を直接には受けなかった
地域でも一緒に分かち合いましょうという考え方自体には賛成だ。

しかし、考えなくてはいけないのが、今回は津波によるがれき処理問題
のみならず、福島の原発事件による放射能の問題が関係していることだ。

原発事件という言葉はあまり聞かないかもしれないが、充分な安全対策も
しないまま、国民のお金を使って原発を建設し、国民のお金を使って
『原発は安全だ』という何の根拠もない嘘をつき、国民を洗脳し続けてきた
という意味で、これは偶然起きた不幸な事故ではなく、明らかに事件だ。
地震が多い日本の地理的環境を考えると、いつかは必然的に起きることが
予想でき、十分な予見可能性があったといえる。

話がそれたが、今回のがれき問題は、がれき問題というよりは実際には
放射能汚染の処理に関わる問題だ。

震災の傷を分かち合うのはいいが、それが結果として、この狭い日本の
国土の、現在は放射能の汚染が軽度の地域にまで汚染を広げてしまう
可能性が大いにあることを考えると、本当にそれは正しい選択なのか?

日本人の故郷を思う気持ちは素晴らしいと思うし、尊重されるべき
ことだと思う。

しかし一方で、すでに事件は起き、福島周辺の地域は放射能で汚染されて
しまったという、おそらくは数百年、もしくはそれ以上の長期にわたって
その影響がつづく現実がある。

私はTOKIOのダッシュ村の番組を良く見ているが、あんなに素朴で
素晴らしい平和な場所に愛着を覚えるのは当然で、故郷を思う気持ちは
良くわかる。

しかし非常に残酷な話ではあるが、チェルノブイリやビキニ環礁の
現在の話を聞いても分かるとおり、少なくとも、今現在生きている人間が
この世にいる間に、再び福島で安心して暮らせるという時は来ないだろう。

それが現実だと思う。

であるならば、逆に、放射能に汚染されたがれきや土は福島周辺に
集中した処理施設を作って、汚染された地域外に持ち出さない措置を
とるべきだ。

もちろん、福島周辺の住民には、東電から他地域への移住に必要な
充分な補償金が支払われることが前提で、しかもその補償金は
電気代の値上げではなく、東電自らが身を切ることによって
支払われなくてはならない。

北海道をはじめとして、自治体によっては独自の放射能数値の制限を
定めて、一定以下の放射能数値のものしか受け入れないというところも
あるが、現実問題として、すべてのがれきの数値を測って、仕分けし、
運び出すということが不可能であることは火を見るより明らかだ。

がれき受け入れの対価として払われる助成金がほしいから受け入れる
というのは、要するに、原発施設受け入れに対して地元へ支払われる
莫大な補助金と同じで、悪魔に魂を売っているとしか思えない。

もし、仮に北海道でがれきを受け入れて、処理施設近辺の農家の
農作物から高濃度の放射能が検知されたら一体どうするつもりなのか?

もしそれが、処理施設近辺の局所的な出来事であったとしても、
北海道の農作物=放射能に汚染されているという認識が広がり、
北海道の農家は壊滅的な被害を受けることが予想される。

先日TVで、福島とつながる高速道路のパーキングエリアのゴミ箱に
未開封の福島のお菓子や野菜が大量に捨てられているという
悲しい話を聞いた。

おそらくは帰省などで実家へ帰った際にお土産として渡されたものを
処分に困って、帰路の途中に捨てているのだろうという話だった。

涙が出そうになるぐらい悲しい話だが、これが現実だ。

一般的な人々は、福島周辺の人々に同情はしながらも、
やはり得体のしれない放射能というものが怖い。

私も例外ではない。原発事件以前は、野菜を買う時に気を付けることは
中国産を避けることぐらいだった。日本国産のものを産地で
区別することなどなかった。

しかし今は違う。東北や北関東産のものは買わない。
北海道のスーパーでも東北や北関東産の野菜が売られているが、
手に取る人をほとんど見たことがない。

先日も、キムチを買おうと思って、今までなら迷わずに国内産を
選んでいたが、このとき私は韓国産を選んだ。
表示義務のないこういう加工品にどこの産地のものが使われているかは、
だいたい想像できたからだ。

それは風評被害でもなんでもなく、自己防衛本能に過ぎない。

今現在、北海道や関西、九州などの産地の作物は、日本国民が選択できる
安全性の高い食べ物であるはずだ。

そんな地域にまでわざわざ汚染物質を運んで、各地で放射能濃度の高い
作物が報告されるようになったら、日本人は自国産のものを食べることが
出来なくなる。低い食料自給率をさらに下げることになるわけだ。

そんな馬鹿げた事態を自ら起こすことのないように、汚染されたがれきを
国内にばらまく、愚行は避けなくてはならない。

今回は事件は福島で起きたが、もし北海道の泊原発で新たな事件が
起きれば、私は同様に、北海道から汚染物質を汚染されていない内地に
運ぶべきではないと思うし、私は大好きな北海道を去るしかないだろう。

そんなことを起こさないためにも、全ての原発を一刻も早く停止
しなくてはならない。




人気ブログランキングへ

こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

応援クリックお願いします。

| 政治 | 14:15 | コメントはこちらから:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/04/05 17:46 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/214-6432b5cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。