なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイ チェンマイのクッキングスクールに行ってみた

東京や大阪でつまらない生活を送っていた頃は年に2~3回は
海外に脱出してマンネリ生活の気を紛らわしていた。

それが、北海道へ来てからは、日々の生活の中に楽しみを見出すことが
いくらでもできたので、全くと言っていいほど海外へ行きたいとは
思わなかった。

でもそんな私がずっとやりたいと思いながら達成できていないことが
一つあった。

それはタイへ行って料理教室に通うこと。

もともとスパイシーな料理が大好きな上に、パクチーも大好きなので、
私はタイ料理が大好きだった。でも、私がこれまで食べてきたタイ料理は
所詮日本やタイ以外の海外の国々で食べたもの。本場のものではない。

そこで今度こそはと意を決して、本場のタイ料理を満喫し、
タイ料理の教室に通うべく、洪水で何かと騒がれるタイへ向かった。

今回私が参加したのはチェンマイの旧市街の中にあるBaan Thai Cookery
School という学校。

Baan Thai Cookery School

チェンマイに着いた次の朝、散歩がてらチェンマイの旧市街をぶらぶらと歩いて
ここを訪れ、翌日のコースを申し込もうと思ったが、もしかしてと思って聞いてみると
当日のコースに空きがあるとのことでそのまま飛び込みで参加。

参加者は私と同じクラスがスイスフレンチ2人にドイツ人2人、
フレンチカナディアン2人、隣のクラスにはシンガポール人の親子と
あとは全員ファラン(タイ語で外人の意味)だった。

タイの市場

まずはみんなで地元の市場へ買い出し。

タイ料理の食材

見たことのない野菜やハーブが売られていて、見てるだけで楽しい。

ブーケガルニ

これはトムヤンクンなどに使うブーケガルニ。

料理教室の先生

彼女が今回の先生。タイ人にしてはかなり英語が話せるので、
説明もとても分かりやすかった。

ちなみに彼女が手に持っているのはカニのピクルス。
そういえばソムタム(パパイヤのサラダ)に入っていた。


この学校では5つのカテゴリー毎にそれぞれ3種類のメニューの選択肢があって、
好きな5品を選んで料理することが出来る。

phad-thai

一皿目の私が作ったパッドタイ。米の麺を炒めて、オイスターソースや
ナンプラー、ライムで味付け。とても美味。

phad thai 2

豆腐やナッツも入っている。

pho pea thod

春巻。具の味付けにナンプラーやオイスターソースを使っている
以外は日本のものと変わらない。

tom yum kung

タイ料理と言えば、定番のトムヤンクン。
自分で作ったせいか、今まで食べた中で一番旨かったかも。
と言っても、この料理教室のレシピが良かっただけか。
砂糖を減らして、唐辛子は倍にしてアレンジはしたが。。。

トムヤムクン

唐辛子やトムヤンペーストの辛味とライムの酸味が絶妙。

グリーンカレーペースト

グリーンカレーはペーストから作った。
男4人で交代で唐辛子やスパイスを潰して作ったが、
これはかなり力のいる仕事。

gaeng keau waan kai

こちらも定番中の定番グリーンカレー。タイ語でいうとゲンキヨワン。これは
鶏肉が入っているのでゲンキヨワンガイという。

グリーンカレー

これもレシピがいいせいか、とてもおいしく仕上がった。

fried banana

締めのデザートに私が選んだのはフライドバナナ。
理由はこれ以外のデザートは日本では材料が入手困難だから。

単純にバナナをスライスして揚げるだけかと思ったら、
ココナツの果肉やらゴマを衣につけて揚げるので、
これもなかなかの美味。

フライドバナナ

これなら甘いものがあまり得意でない私でもOK。


最後に参加してみての感想は、グリーンカレーのペーストを作る以外は
とても簡単。あっという間にできてしまう。

ただ、日本でこれを作るとなるとやはり、スパイスや
ハーブの調達という問題が出てくる。

代用品を考えながら日本でも作ってみようと思うが、
上手く見つかるだろうか。

朝から午後3時ごろまでのコースで900バーツ(約2,200円ほど)というのは
タイの物価を考えれば決して安くはないが、次回は今回作らなかったものを
選んで、是非また参加したい。











人気ブログランキングへ
こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

応援クリックお願いします。

| 男の料理 | 19:38 | コメントはこちらから:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すっごい!!羨ましいです!
おいしそうですね、レシピを詳しく知りたいくらいです。。
実りある旅でしたね!!

| 働くママ IN SD | 2011/12/07 08:08 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

働くママ IN SDさん

自分で作って言うのもなんですが、本当に
おいしかったです。

タイ料理は本当に凄いです。
今回の旅で食べられたのはほんの一部ですが、
タイでは何を食べてもおいしかったです。

タイ料理はどれも作り方はとてもシンプルなんですが、
問題は材料が手に入るかですね。
でもアメリカでは日本よりは手に入りやすい気がしますね。
日本はスパイスやハーブは一般的ではないですからね。

| Swimmer to the moon | 2011/12/07 16:36 | URL |

日本語 OK ! チェンマイ タイ 料理教室

こんにちは。
チェンマイ・タイ料理教室のアームです。

スパイスやハーブは乾燥物でも使えます。インターネットショップで買えると思います。

別の料理教室なんですけど、日本語OK!優しく丁寧にタイ料理を教える「Chiang Mai Thai Cooking School」はチェンマイの中心地から車で約15分のところにあります。 講師のニティポン(アーム)先生はチェンマイ技能開発センターにてタイ料理を学び、フォーシーズンズホテルにてタイ料理の修行を積みました。

一緒に楽しくタイ料理を作りましょう。

| アーム | 2013/10/21 12:50 | URL |

Re: 日本語 OK ! チェンマイ タイ 料理教室

アームさん

コメントありがとうございます。
はじめてのタイ人の方のコメント、嬉しいです。

そうですね。乾燥物のスパイスやハーブは手に入りますね。
でも、やっぱり新鮮な生のものが一番です。
それに、タイで食べるのが一番おいしいですね。

今度チェンマイに行ったら、次はChiang Mai Thai Cooking Schoolに
行きます。その時はよろしくお願いします。

Yaak pai muang-thai le yaak gin Pad Thai!

| Swimmer to the moon | 2013/10/21 19:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/201-e8ea176a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。