なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

我が家の水落とし完全マニュアル

水落としと聞いても、内地では何のことかピンと来ない人も多いことだろう。

水落とし、あるいは水抜きと呼ばれるこの作業は、よほどの対策をされた家でも
ない限り、北海道では避けては通れない作業なのだ。

一般に、外気温が-4℃を下回ると水道が凍結する危険が高まると
言われる。

ニセコの冬の気温は基本的にずっと-4℃は下回っているので、
常に凍結の可能性があるというわけだ。

我が家では基本的に、冬の間はストーブを微少にして点けっぱなしに
するので、水道が凍結することはまずない。

ストーブ点けっぱなしというと、省エネに反すると思うかもしれないが、
点けたり消したりを繰り返すと、2階まで吹き抜けになった我が家では
なかなか暖まらないため、結局点けっぱなしの方が燃料の節約に
なるのだ。

そのため、1泊や2泊の外泊程度であれば、周囲に燃えるようなものが
ないことを確認して、そのまま点けっぱなしにする。

しかし、それ以上となると、ストーブは消して、水道凍結防止の
対策をする必要がある。

そこで水落としが必要となるのだが、これが非常に手間のかかる
面倒な作業なのだ。

しかも、全く標準化されておらず、やらないといけない作業は
家によって全て異なり、何をやればいいかの判断を素人が
することはほとんど不可能だ。

数年前に、知り合いの業者の方に家に来てもらって、やり方を
教わったのだが、その時に書いたメモを無くし、トイレも水洗に
変わったので、再び来て頂いて、今度は詳細にわたるマニュアルを
作成することにした。

言葉だけでは次回、どこのことを言っているのか分からなくなりそうなので、
写真入りで工程を全て書き出し、出発前と帰宅後にチェックできるように
チェックボックスも加えた。

水落とし水抜き

簡単に言うと、水道の元栓を止め、家の中の水道の蛇口から全て
水を出し、パイプにたまった水を専用の排出口から排出し、
全ての水道パイプやホースに水が残らないように処置し、
それでも残ってしまうトイレや台所、風呂場のトラップに
不凍液を入れればいいわけだが、全ての水回りに加えて、
ボイラーにも作業が必要なので、細かく数えれば工程は20を超える。

しかも、これだけの工程をひとつでも忘れると、ほぼ間違いなく
凍結し、最悪の場合は水道管破裂という事態も起きる。

もちろん、帰宅後にどこか一か所でも閉め忘れたまま、水道栓を
開けてしまうと、そこから水が噴き出してしまうことになるので、
これまた慎重な作業が必要だ。

そんなチェックポイントが多い作業だけに、今回作成した
マニュアルが今後は大いに役立ってくれることと思う。

楽しく素晴らしい北海道生活だが、冬場は生活もいろいろと
制限される上に、何かと面倒なことがあるのも事実だ。






人気ブログランキングへ


こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

応援クリックお願いします。

| 北海道生活 | 13:53 | コメントはこちらから:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

パンフレットみたい

業者パンフみたいですねf^_^;。すごっ

| あじゃこ | 2011/11/06 17:48 | URL | ≫ EDIT

Re: パンフレットみたい

あじゃこさん

イラストレータを勉強したことがこんなことに
役立つとは思わなかったよ。

| Swimmer to the moon | 2011/11/06 19:01 | URL |

まず、水抜き栓を締める
普段使うカランを開ける
普段使わないカランを開ける(曰くエアーカラン・水抜きカラン)
安全弁、減圧弁を開ける
基本水は重力に従うから、逆鳥居の配管部の所に必ず水抜きカランがあるから、そこを開ける。
あと、混合栓のヘソも開ける。
トラップにウオッシャー液を入れる。
そして、一服付ける。
その後、普段使わないカランをへそを閉めておく。
こんな感じかなー

| ハゴトコ | 2011/11/07 23:19 | URL |

Re: タイトルなし

ハゴトコさん

さすがですね。
水道凍結の可能性のほとんどない地域の人間としては
水道の構造がどうなってるかとか、どうすれば水道管を空に
できるかなんて全く考えもしないですからね。

勉強になります。

| Swimmer to the moon | 2011/11/08 08:37 | URL |

痛い目を見ました。。。

私も、十勝に来たばかりのころ、何度水道で痛い目を見たことか(笑)
一度、天井裏を通っている水道管が破裂して、家の中が水浸しになったことがあります。
幸い、あまり貴重品もない家だったのでそれほどの被害もなかったのですが、
そのときに貴重な本を何冊かダメにしてしまいました(泣)
今は湧水で生活していますから、この水道管に悩まされることがなくなったんですよ。
湧水を汲んでの生活は確かに不便な面もあるのですけれど、冬は楽ですよ。
マイナス30度になっても絶対に凍らないお水……
天の恵みです!(笑)

| みる | 2011/11/09 09:02 | URL |

冬支度

はー、水落としってそういうことだったのですか。
うちでも先日ボイラーの点検をしてもらって冬に備えてます。
だいたいボイラーの故障なんていうのは最も寒い日か、
業者が皆お休みのクリスマスなんかに起こるんですよねー、まったく。
イギリスの家はセントラルヒーティングで家中が温められているせいか
水道凍結はあまり聞かないです。
うちでも2、3日留守にするだけなら
ヒーティングはつけっぱなしにしておきます。
つけっぱなしといっても一日に2度、一時間ずつオンになるだけなのですが。
一度冷え切ってしまうと温めなおすのにものすごいエネルギーが必要になるので
常に少しずつ温めておくほうが節約になるのですよね。

| ミセスガーベラ | 2011/11/09 19:53 | URL | ≫ EDIT

Re: 痛い目を見ました。。。

みるさん

水道管破裂は北国以外の人間には想像もつかないですよね。
それにしても本をダメにしたのはショックだったでしょうね。

湧水は凄いですよね。年中同じ温度ですもんね。
私は飲み水だけ湧水を汲みに行っていますが、それだけで
生活しているとはびっくりです。さすがです。
冬の洗いものとか大変じゃないですか?

でも凍結の心配をしなくてもいいというのは有難いですね。

| Swimmer to the moon | 2011/11/10 00:41 | URL |

Re: 冬支度

ミセスガーベラさん

セントラルヒーティングはいいですね。
カナダの家もそうでしたが、水道凍結という話は聞きませんでした。
やっぱり日本の家の構造に問題があるんですかね。
21世紀なのだから、水道を凍らさないぐらいのことは技術や工夫で
できても良さそうだと思うのですが。。。

1日に2度一時間ずつオンになるだけで温度を保てるというのは
効率的ですね。もっともっと省エネ技術が進んで、限りある資源を
出来るだけ使わずに生活が出来る世の中になればいいと思います。

| Swimmer to the moon | 2011/11/10 00:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/199-a6b82d23

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。