なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

原発事故報道に対する違和感

地震と津波から3週間以上経つというのに、原発事故は
解決の糸口すら全く見えない。


2重、3重、いや5重ぐらいの安全に対する完全なバックアップ体制が
引かれているべき原発で、電力が止まって冷却が出来ないだの、
10mの津波しか想定していなかっただのと、有り得ないような
信じ難い話が聞こえてくる。

おまけにやることなすこと全てが後手で、事前に起こりうる事態を
予測して、予防措置を取るということが全くできていない。

このレベルの低さにはただ呆れるばかりだ。

私は、今回の事故が起きるまで、原発には不必要と思えるぐらいに
厳重なバックアップ体制があって、起こり得る不慮の事態については
その全ての可能性を考えて対策マニュアルが作成されているものだと
思っていた。

つまり、何が起きても、対応策は決まっており、まさか事故が
起きてから対策を考える等という、行き当たりばったりの現在の
ような状況になろうとは全く考えていなかった。

今まで、そして今も、こんなにレベルの低い管理体制の中で原発が
動いているのかということを知ると本当に恐ろしく思う。

今回の事故は福島の原発で起きているが、もちろん他の地域の原発が
福島よりは強固な管理体制のもとに置かれているとは到底思えない。
その証拠に、福井の原発に至っては1m以下の津波しか想定していないとか
いう冗談のような話がある。

もしかすると、原発に関係している科学者たちは我々素人より、
危機意識が遥かに低いのではないか?

人類の未来にとって大切なことをこんな危機意識の無い人達に任せておいて
いいのか?

TVでは相変わらず、その道の専門家と言われる人達が画面に現れ、
放射能の値が規制値の3倍になった時も、10倍になったときも、
1000倍になってさえも、まるで一つの言葉しか教えられていないオウムのように
『規制値が厳しく設定されているだけで、この程度の放射能はただちには
人体に影響がない』
と言い続けている。

日本の規制値が国際基準より厳しく設定されていた背景には当然、
理由があるはずなのだ。それを、これだけの一大事が起こってから、
今更その規制値がおかしいとか言いだすのは、科学者としてあるまじき
行為なのではないか?

結局、こういった危険極まりない原発に、安全であるとゴーサインを
出したのも、(TVに出ている科学者かどうかは分からないが)こういった
科学者たちのはずだ。

そんな科学者たちの無責任な『安全ですキャンペーン』を聞くたびに、
違和感を覚えるのは私だけだろうか?


今後原子力への反発が高まり、廃止議論が持ち上がって、自分たちの
職が失われたり、研究費が削られたりするのを恐れて、こんな発言を
しているのではないかとすら疑いたくなる。

しかも、彼らの言葉の中に必ず『ただちには』という限定句が
用いられていることを見逃してはいけない。つまり、これは
10年後や20年後に放射能の後遺症が起きた際の彼らの逃げ文句だと思う。

『ただちには影響がない』というのは、言葉を変えれば、後には
影響がある、もしくは影響がある可能性がある
ということを
はっきりと認めているのだ。そうでなければ『ただちには』という
言葉で限定をせずに、単に無害だと言い切ればいい筈だ。


原発や放射能の危険性に関してはもっと違う意見を持った人たちも
いるはずなのに、そういった人たちの話は私の知る限り、原発事故以降
TVで見たことがない。


まるで言論統制がなされたどこかの国のTVを見ているようだ。

私は当初、国民にパニックを起こさせないために、何らかの圧力が
国からTVメディア各社に掛けられているのだと思っていたが、
どうやら事情は少し異なるようだ。

ここに田中優さんというジャーナリストの原発事故後の講演動画がある。

http://www.ustream.tv/recorded/13373990

この方は原発反対論者らしいので、ここで語られている内容の全てを
鵜呑みにすることはできないとは思うが、TVでは決して語られていない
話もたくさんあり、TVで放映されている偏った情報とバランスを取るには
こういう考え方も知っておいた方が良いのではないだろうか。

時間と興味がある人はご自身で見てみるといいが、内容を抜粋すると
以下のような感じだ。(私が見たのは数日前なので、記憶違いが
あればご容赦頂きたい)

・放射能の影響は10年後ぐらいに、ある一定の割合の人間に対して必ず現れる。
 (確率的影響)

・しかし、放射能が原因で死亡しても、それを証明することは不可能。
 
事故が起きなくても、原子力発電所の近辺では子供の白血病の割合が倍もある
 というドイツ政府の統計結果がある。また、それとは別に、流産の割合も高い
 というデータもある。


・細胞分裂が活発な子供たちの方が影響を受けやすい。現にチェルノブイリでもたくさんの
 子供たちが亡くなった。

TVで安全安全と言っているが、本当に怖いのはこれから。今は放射能は野菜などの
 表面についているだけなので洗えば流れるが、今後は微生物やプランクトンなどが
 取り込み、それらを食物連鎖の上位にいる動物が取りこむことにより、放射能は
 どんどん濃縮されていく。


・五大湖周辺で(放射能ではないが)有害な農薬が同様の現象により、480万倍に濃縮
 されたという報告がある。

TVで言われているように、被ばく量をレントゲンと比べるのはナンセンス。
 発表されている放射能量の単位シーベルトは毎時であり、通常の生活をしている人間は
 24時間365日レントゲンを受けているわけではない。つまり、比べるには数値を
 八千数百倍する必要がある。

犬吠埼の沖合に風車を設置して発電すれば、東京電力の発電量の1年分の発電が可能。
 (つまり、その気になれば、自然エネルギーだけで日本の電力需要は全て賄える。)

日本のTV業界の広告主として電力会社は大きな地位を占めている。
 つまり、電力会社にとって都合の悪い情報は放映できない。


原子力のコストが安いというのは全くのウソ。数字にからくりがある。

・ヨーロッパではどんどん自然エネルギーへの切り替えが進んでいる。
 それは安全であるとともにコストが安いから。

・アメリカの報告によると、自然エネルギーの中で一番発電コストが高い
 太陽エネルギーのコストですら近年の技術革新により、原子力の発電コストを
 下回った。つまり全ての自然エネルギーが原子力の発電コストより割安。

にも関わらず、原子力に拘る一つの背景に、電力会社の収益構造がある。
 電力会社は経費の3.5%を上乗せした形で利用者に請求できる。つまり、
 経費を掛ければ掛けるほど儲かる仕組みになっている。


・電力会社で一番コストがかかるのは実は送電設備、しかも経費の中で占める
 割合はかなり大きい。つまり、自然エネルギーの小さな発電所を各地に
 作って、地産地消する方がコストが安く合理的。


先ほども書いたとおり、これをどこまで信じるかは個人個人が判断する
しかないと思うが、TVでなぜ原子力推進派の(もしくはそう思われる)
人達の話しか放送されないかという疑問は解決されると思う。

能力のない無責任な科学者たちと金儲けが第一の電力会社、それらをコントロール
できない政治家。そんな彼らに原発は安全だと騙され、最悪の事故に巻き込まれた
何の罪もない国民は、放射能の影響を自らが判断して行動する必要がある。

もし誤った判断をしてしまえば生命にも関わるという厳しい状況の中で、
下らない金の論理が幅を利かせて、意図的に操作された情報がばらまかれ、
結果として国民を誤った判断へと導いたとしたら一体誰が責任を取るのか。


我々国民が本当に知りたいのは一時凌ぎの気休めではなく、
自らの行動の判断の材料となる事実なのだ。

TVでの科学者や原発関係者の軽はずみな言動が原因で、
人の生命を奪ってしまう可能性があることを真剣に考え、
責任を持って発言、ならびに報道をしてほしい。



人気ブログランキングへ

こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

応援クリックお願いします。

| 人生 | 20:43 | コメントはこちらから:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。

ブログ村からお邪魔しました。
私と同じ思いでテレビをご覧になっている方がいて、とても嬉しく思います。
私は今回の報道を見てきて、「もしかしたら日本は民主国家ではないのではないか」との危惧を抱きました。
少なからずの方が、本当は私達と同じ意見を持っていると信じたい。
今は少しの勇気がなくて、それを言えないだけ。
私はそう信じたいと思っています。
同じ思いを抱く人々が繋がることができるのがインターネットのよいところですよね。
お互いに腰砕けのマスコミに負けず、きちんとした意見を訴えていきましょう。
久々にブログできちんとした意見を読むことができて、とても嬉しく思いました。
ありがとうございます。

| みる | 2011/04/07 20:08 | URL |

大人の責任

政治も東電も「大人としての責任」が欠落してると思います。全ての始まりは、私利私欲と無責任。
子供だって精一杯やっているのに周囲から誤解されたら、一生懸命伝え理解を求めると思う。
言葉が使いこなせない幼児は、キモチがうまく伝えらない時には、癇癪を起こす。とにかく伝えたい。成熟していない子供だってやれるのに、彼らは、精一杯伝えようとしていない。いつまでたっても、話が分かりにくい。「で、どうなるの?」
悪化しなくてよい事まで、悪化させる気がする。
本当に大変な事態だから 政治家達に全てを押し付ける気はない。

国が向く方向性と理由をしっかり示してくれるだけでも、安心感が生まれるのに。政治家達は、足の引っ張り合いをしている。 目先の我が利益と名声にしかキモチが向かない人達に 今の日本を考えることができるのか不思議です。
話変わりますが、西日本の地方自治体は自粛ムードが酷い!(ユニクロの柳井さんも指摘してます)一般企業がやっているように可能ならば通常以上に活動するべき。無駄な自粛は、経済の停滞を招き、復興を遅らせる事になります。
芸能界やスポーツ界を手本に、中央や地方のお役所は動いて頂きたいです。

| あじゃこ | 2011/04/08 02:42 | URL | ≫ EDIT

Re: こんにちは。

みるさん

コメントありがとうございます。

同じように感じてらっしゃる方がいらっしゃって私も
嬉しいです。

日本人というのは、学校教育のやり方の問題もあって、
外国に比べると自分の頭で考える癖がついていない人が
多いと思います。

だからTVでアナウンサーがもっともらしい顔をして
話をしていると、無意識にそれは正しいことを言っていると
思ってしまっている人がたくさんいると思います。

だからこそ、マスコミには真実を報道してほしいし、
少なくとも色んな考えがあることを報道すべきだと思います。

また良かったら遊びに来てください。

| Swimmer to the moon | 2011/04/08 07:35 | URL |

Re: 大人の責任

確かに今回の一連の地震、津波、原発事故に対する政府や地方自治体の
対応というのはとても難しいものがあると思う。

人間というのは、想定外のことには驚くぐらいに対応が上手く出来ない。
でも、日本というのは誰もが知っている地震国なわけで、やはり、そこは
地球上で起こりうる最大の地震と言われているマグニチュード10まで
少なくとも想定をしてシュミレーションはしておくべきだと思う。

もうひとつの問題は公務員の質の問題。今どういう人が公務員になっているかと
いうと、大半は仕事をしたくない人達や公務員になれば一生安泰だと思って
公務員になった人達。こういう人達にまともな仕事は期待できるはずがない。

全ての民営化は困難かもしれないけど、半分ぐらいの業務を民営化して、
民間の血を入れて、改革することも必要だと思うし、働かない人間は解雇するなり、
容易に減給出来る制度を作るなり、単なる働きたくない人達の溜まり場にならない
ように改革をしないとお役所には何も期待できないと思う。

| Swimmer to the moon | 2011/04/08 07:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/171-d5a0eda7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。