なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北海道のお米 ゆめぴりか

ゆめぴりか


「ゆめぴりか」をご存じだろうか?

「ゆめぴりか」というのは韓国の新しいアイドルグループでも無ければ、今年JRAで
デビューする2歳馬の名前でも無い。北海道期待の道産米の名前だ。

北海道に住んでいれば、去年からニュースなどでも何度も取り上げられているので、
一度や二度はその名前を聞いたことがあるはずだ。

思い起こせばその昔、私がまだ内地に住んでいた頃に思った事がある。
北海道には野菜や魚介類など、おいしいものがたくさんある。
でも、米だけは残念ながら完全に内地の米どころに負けている。

私は子供の頃からおいしいお米を食べていた。
おじさんの実家が滋賀の近江のコメ農家で、ずっとそこのおいしい米を
食べて育った。甘くて風味が合って、何もおかずが無くても食べられるほどの
おいしいお米だった。

だから、米の味にはとても敏感で、違いが良く分かる。

そんな私が北海道へ来てから「ななつぼし」というお米に出会った。
この「ななつぼし」が私の北海道米の概念を根底から覆した。

風味が良くて、適度な粘りでとても旨い。
それまで私が食べたことのある道産米の「きらら397」とは明らかに
一線を画している。それから私はほとんど「ななつぼし」ばかりを
食べているが、これなら間違いなく新潟の「こしひかり」など、
超一流の米と比べても遜色がない。

北海道米のレベルは確実に上がっているのだ。

これは私の勝手な予測による理論だが、米の生産に適した温度帯が
北上しているのではないだろうかと思う。

つまり、以前は上越や東北がおいしいお米の生産に適した気温だったのが、
地球温暖化の影響があって、今は北海道あたりまで北上している可能性が
あるのではないかと思う。

実際に、これまでは北海道近海では獲れなかった種類の魚が近年は
北海道でも獲れるようになっているという話を良く聞くし、熱帯の海にしか
いないはずのサンゴが関東近郊にまで迫っているという。

米や野菜に適する生産地が移動していても、何ら不思議はないはずだ。

先ほども言ったとおり、私は子供の頃からおいしい米を食べているので、
米の味が良く分かる。

それを証明するデータが下記にあった。

http://www.kokken.or.jp/ranking_area_01hokkaido.html


22年度の日本穀物検定協会の食味試験で、北海道の「ななつぼし」は
新潟の魚沼産の「こしひかり」と同じく最高の「特A」ランクがつけられているのだ。

ちなみに北海道米に関する詳しい情報が下記に書かれているので、
興味のある人は見てみるといい。

http://www.hokkaido-kome.gr.jp/hinsyu.html

ところで、本題の「ゆめぴりか」だが、ななつぼしと風味に関する差は
あまり感じないが、より「もっちり感」がある印象だ。

「ゆめぴりか」が市場に出回り始めたのは2年前だが、その年は天候不良に
よる不作で、あまり市場で見ることは無く、去年が本格的なデビューとなった。

その稀少性もあってか、スーパーでの「ゆめぴりか」の現在の価格は5kgで
2,000円~2,300円ぐらいする。「ななつぼし」が1,500円から1,600円ぐらいで
買えることを考えるとかなり割高で、魚沼産の「こしひかり」とほぼ
同等の値段が付いている。

まだ今回買ったものが初めてなので、他の産地や農家が作ったものも食べてみないと
「ゆめぴりか」という品種に関する正確な評価は出来ないが、今のところは
これだけの価格差があるなら、私は「ななつぼし」で良いような気がする。

最後になるが、今回あるひとつの発見があった。

いつも私が全ての飲料水として使用しているニセコの甘露水という湧水が
あるのだが、汲みにいく暇が無くて、少しの間切らしていた。
この水を使うのと水道水を使うのでは、コーヒーをいれたときの味が大きく
違うことには気づいていたが、今回、お米を久しぶりに水道水で炊いたら、
やっぱり違和感があることに気付いた。

甘露水が持つ微妙な甘みのせいだろうか。やはり甘露水を使った時の方が
数段にごはんも旨い。

ちなみに言っておくと、倶知安の水道水は日本一を自称するほど旨い水だ。
それでもやはり、おいしい湧水には勝てない。

自然というのは素晴らしいものなのだ。

魚介類や野菜がおいしい北海道に、おいしい米が加わり、今や北海道は
食に関しては他府県の追随を許さない、圧倒的な力を見せつけている。

そんな北海道の食を満喫できる日常は本当に贅沢で、とても感謝している。








人気ブログランキングへ
こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

応援クリックお願いします。

| 北海道の食 | 20:12 | コメントはこちらから:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ゆめぴりか

覚えておきます(^O^)

以前、スキーツーリングの際に、知人が作っている近江米の新米おにぎりを食べさせて貰いました。冷えたおにぎりやのにおいし~いっ、と感動した記憶があります。

| あじゃこ | 2011/02/27 11:57 | URL | ≫ EDIT

Re: ゆめぴりか

あじゃこさん

近江米ってどれだけ知名度があるのか良く知らないけど
おいしいよね。

そういえば、冷えてもおいしいっていうのも、おいしい
お米の特徴かも。

俺は釣りの時はいつもななつぼしのおにぎりだけど、
やっぱりおいしいよ。

| Swimmer to the moon | 2011/02/27 19:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/164-bb5e1ce8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。