なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

甘露水と温泉

湧き水

2週間か3週間に1回、農家の直売所に買い物に行くのに併せて
湧き水を汲んで、温泉に入る。

今日はその日。

この湧き水は甘露水といって、その昔、昭和天皇がこの水を
飲んで「甘露なり」と言ったとかで、この名前が付いている。

私は基本的に家で使用する飲料水には全てこれを利用している。
味はというと、確かにほのかに甘みがあるような気がする。
でもそれ以上に、まろやかというか、とがっていない感じが
気に入って使っている。

実は私が住んでいる町は、真偽のほどは定かではないが、
水道水が日本一おいしい町と言われている。だから何も、
わざわざ湧き水を汲みに行くこともないわけだが、一度
この水でコーヒーを入れ始めると、たまに湧き水が切れて、
水道水を使用すると、コーヒーの味が違うのが分かる。

だから、ご飯を炊いたり、お茶を飲んだり、コーヒーを
入れたりには必ずこの水を使う。

北海道の自然の恵みだ。

水を汲んだ後はその近くの温泉に入ってきた。

平日の午前中、しかも宿泊客のチェックアウトが済んだ
10時過ぎに行くと、広い露天風呂も貸し切り状態。
でも、最近はいつもそういう時を狙っていくから、
温泉の貸し切りは当たり前になってしまった。

雪がちらつく中の温泉は情緒があるだけでなく、
外気温と温泉の暖かさの差があるので、いつまででも
入っていられる。しかも料金はたったの500円~700円だ。

この温泉の後に飲む湧き水がまた格別だ。

とても贅沢であることは分かっているが、私にとっては
何のことは無い日常の出来事だ。

Qualty of life

こういうことを言うのであろう。

| 北海道生活 | 19:50 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/16-a46e19b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。