なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

They are back!

They are back! (奴らが帰ってきた。)

夏の間、どこで何をしているのか知らないが、
春以降奴らの姿を見るのは久しぶりのことだ。

カメムシ

以前にも少し書いたが、この辺りでは秋にカメムシがたくさん
家の中に現れるとその年は雪が多く、テントウ虫が多いと
雪が少ないという都市伝説ならぬ、田舎伝説がある。

私はまだ北海道の冬は数シーズンしか経験していないが、
これまでのところはずっと当たっているようだ。

昨シーズンは気象庁の長期予報が暖冬という予想だったにも
関わらず、非常にカメムシが多く、雪が多い寒い冬となった。
田舎伝説が現代科学に勝利したのだ。

今年もそろそろ現れる頃ではないかと思いつつも現れないなと
思っていたら、よく見ると窓のところにたくさん集まって
家に侵入するチャンスを窺っているようだった。

ちょっと数えてみても10匹ぐらいいる。
うかつに窓も開けられない。

かめむし


私の家は林が目の前という立地の割にはカメムシの出現が少ない方だが、
それでもピーク時には1日に3~5匹程度は現れる。

一体奴らはどこから入ってくるのかと最初は不思議だったが、
実は家というものには奴らが侵入できるぐらいの隙間はたくさん
あるのだということをこの家に住むようになってから知った。

例えば、換気扇。このぐらいの隙間があればカメムシどころか
もっと大きな虫でも入ってくることができる。

それから、風呂場の換気口。ここからの侵入が実はかなり多いらしい。
これに気付いてから換気口の真下に水を張った洗面器を置いているのだが、
そうすると上から落ちたカメムシが良く水面でもがいているので、私は
洗面器ごと外へ持って行ってそれを捨てる。

カメムシは触られてストレスを感じると異臭を発するので、こうやって
奴らに触れずに捨てられるというのは都合がいいのだ。

ちなみに道民はカメムシを見つけるとガムテープで捕まえて、そのまま
包んでゴミ箱へ。こうすると密閉されて臭いも出ないらしいが、
我が家ではかわいそうなので外に投げることにしている。

奴らが侵入するのは家の隙間からだけではない。

この間も洗濯ものを取り込もうとしたとき、バスタオルの間に1匹、
Tシャツの中に1匹が潜んでいた。

奴らはトロイの木馬作戦という高等な戦術も使って
家の中に侵入を試みるのだ。

これから奴らとの戦いが始まる。

人気ブログランキングへ

こちらも応援クリックして頂けるとなんまら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

応援クリックして頂けるとなまら嬉しいです。

| 北海道生活 | 19:30 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/137-f5b78b7d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。