なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海外の話 その1

プロフィールにも少し書いたが、私はこれまで海外を旅したり、
また海外で生活をしたりして色んなことを体験してきた。

これから、そんな海外での体験談もときどき紹介をして
いきたいと思う。

今日はその1回目。

カナダ・バンクーバーでの職探しの話。

当時私はワーキングホリデーで、バンクーバーに滞在して、
仕事を探していた。

カナダでの仕事探しの主な情報源は新聞の求人広告と、
日本でいうハローワークのようなエンプロイメントセンター。

私はまず、地元のローカル紙を買って、エンプロイメント
センターに通うことから始めた。

エンプロイメントセンターでは日本のハローワークのように
窓口で相談するわけではなく、貼りだされている求人票を
見に行くのが目的だ。

そして、すぐに気が付いたのが、どんな仕事でも経験が
求められていること。レストランの皿洗いですら数年の
経験者と書かれていたのには驚いた。

日本人相手の土産物屋や日本食レストランならそれほど
職探しは難しくないが、せっかく海外まで来て、日本人
相手に日本語で仕事をするのでは、わざわざワーホリに
来ている意味が無いので、そういう職種に就くつもりは
毛頭なかった。

しかし、当時の私には就職に有利になるような経験は
全くといっていいほどなく、職探しは難航した。

まず最初に、未経験者でも可という数少ない求人の中から、
Purdy'sという地元では有名なチョコレート会社の工場の
求人に応募することにして、受付開始時間に工場へ行った。

すると、求人数はわずか数名にも関わらず、ありとあらゆる
人種の応募者が何十人も集まっていた。

それを見た私はあまりの応募者の数に圧倒されて、その日は
応募をせずに、そのまま帰ってきてしまった。

しかし、この日を境に、私の意識は大きく変わった。
これはあれこれと選んでいる場合ではない。

とにかく、応募が可能なものは何でも応募してみることにして、
電話をしたり、実際に会社を訪問したりした。

そうして、クリーニング工場、空き缶の処理工場、自転車のパーツ工場などを
周って、結局、自転車のパーツ工場と空き缶の処理工場から内定をもらい、
自転車のパーツ工場で働くことにした。

海に近い工場地帯の中にあるその工場は15人ほどの小さな工場であったが、
地元の不良少年少女やフィリピンからの移民などが働いていて、油まみれに
なりながら機械を操作する仕事だった。

工場内は機械の音で溢れていて、私の仕事は1日中同じパーツを作り続ける
ことだった。

朝7時に始まり、3時半に終わる。その間30分の休憩があるのだが、
単純作業なので、とにかく時間が経たない。

あまりに退屈なので、作業をしながら、知っている歌を片っ端から
歌いまくった。どうせ騒音で周りに聞こえるはずもない。
しかしそれでも時間は経たず、私は10分に1回は目の前の時計を見ていた。

仕事自体はとても退屈なものだったが、それでも、休憩時間に
同僚と話をしたり、小切手で給料を貰ったりと、いろいろと
貴重な経験が出来た。

カナダはさすがに移民の国だけあって、外国人だからとか、
英語がネイティブじゃないからという理由で差別されることは無く、
雇用主が求めている内容の仕事が出来るかどうかで判断されていることを
強く感じた。

カナダは外国人である私を平等に受け入れてくれたのだ。
これはとても印象的だった。

私は後にオーストラリアでも働いたが、オーストラリアでは私は
常に外国人であり、お客さんとして扱われていることを強く感じた。


また、厳しい就職活動を通じて、日本では仕事が無い、仕事が無いと
言いながら、街には求人誌が溢れ、ただ単に選り好みをしているだけだと
いうことにも気が付いた。

よそ者を受け入れてくれるカナダ。私はそんなカナダが大好きだが、
よそ者を受け入れてくれるという意味では北海道も同じだ。

地方都市にありがちな排他的な雰囲気は北海道にはない。
それも私が北海道が好きな理由のひとつだ。


人気ブログランキングへ

こちらも応援クリックして頂けるとなんまら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

応援クリックして頂けるとなまら嬉しいです。

| 海外 | 16:38 | コメントはこちらから:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

(*・∀・)おはつです(*_ _)ペコリ
人気ブログランキングから遊びに来ました~
Swimmer to the moonさんは関西人なんですねぇ~
ともたんは4歳北海道4歳~18歳まで埼玉にいて
高校卒業後北海道に帰ってきたんですけど~
なので他のお国柄って良く分からなかったけど~
日本でもよその県の人は受け入れないって所あるんですね~
北海道は冬はなまら寒いし雪かきとか大変だけど
他の地域に住みたいは思わないです
のんびりした所があっていて住み心地良いですよね~
たまに牛糞臭くて参る時もあるけどね( ̄m ̄〃)ぷぷっ

| ともたん | 2010/09/22 12:16 | URL |

Re: タイトルなし

ともたんさん

初めまして。

やっぱり内地と北海道の両方で住んだことがあるって
いうのは大きいですよね。

北海道しか知らない人は本当の北海道の良さに気付いて
ないだろうし、内地しか知らない人は北海道の寒さばかり
気にするし。

良かったですね。北海道へ帰って来れて。
でも、牛糞臭くて困るようなところに住んでいるんですね。

また、遊びに来てください。

| Swimmer to the moon | 2010/09/22 18:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/133-60e29903

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。