なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

方向音痴

元来、男は狩りに出かけて旅をして、自力で家に帰ってこないといけないので、
男には方向感覚が備わり、女は男の不在中に飢えをしのげるように
脂肪を蓄えやすい身体になったと考えられている。

にもかかわらず、私は大の方向音痴なのだ。

しかも、そんじょそこらの方向音痴とは違い、筋金が入っている。

こと方向音痴に関しては誰にも負けない自信がある。
(何の自慢にもならないが。。。)

だから、女の子と初めてのデートの時にはまず最初に
『私は酷い方向音痴である宣言』をする。


ごまかそうと思っても、すぐばれるからだ。

そんな私が方向音痴を自覚したのは小学生のとき、
初めて自転車に乗り始めた頃のことだった。

子供の頃から好奇心が旺盛だった私は、自転車に
乗るようになって一気に行動範囲が広がったのを
いいことに、ひとりで遠くまで自転車で良く出掛けていた。

特に行き先があるわけではなく、ただ、あの角を曲がったら
何があるんだろう? あの橋を渡るとどこへ行くんだろう? 
とあてもなく走り回っていたのだ。

そんなとき、いつも夕方になって、辺りが暗くなり、そろそろ
家に帰らないとっていう時間になって初めて、『ここはどこ?』
状態に陥り、帰り道が全く分からなくなった。


それでも、何とか最低限の帰巣本能が備わっているのか、
ウロウロしているうちに、見たことのある景色の場所に
たどり着き、警察に保護されることは一度も無かった。

そんな幼少時代、そして今と、方向音痴を強く意識するように
なって気付いたのが、私は全く道を覚えようとしていないということ。

子供の頃は全く帰りのことを考えずに、先に進むことしか
考えていなかったし、今もそれはほとんど変わっていない。


特に、誰かと一緒のときは最悪で、全くどの道を歩いたのかすら
覚えていないのがほとんどだ。

もっとも、車を運転するようになってからは、道を覚える努力を
するようになったので少しはましになった。でも、太陽の出ていない
ときに、北はどっちだと訊かれて、すぐに答えられる人がいまだに
信じられない。そういう感覚は私には一切存在しないのだ。

そんな私がつい先日カーナビを手に入れた。

今回は長くなったので、その話は次回にしようと思う。


人気ブログランキングへ

こちらも応援クリックして頂けるとなんまら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

応援クリックして頂けるとなまら嬉しいです。

| 北海道生活 | 19:52 | コメントはこちらから:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

方位磁石もないのに・・・

こんばんは!(^^)/
夏季休暇中盤、ダラケぶりは半端ないです。
でも、前半は東京旅に行き、結構楽しく見物してきました。
東京も楽しいです。

方向音痴といえば、私も負けないくらいの方向音痴!
男性は方向音痴の人はいないと思ってました。(笑)男性にもいたのですね
大阪では、道を尋ねると、当然のように駅を出て南に行って、そこを北に・・・って
私は方位磁石も持ってないのに、何故南やら北やら解るのか、未だに解らない(?_?)
京都は上がる下がる(!)大阪以上に理解不能
道の説明は、右左で言ってほしいもんですよね(超自己中?笑)

方向音痴の人は、すぐに右に曲がりたがるらしい。
そのことを知ってから、自分が無意識に右に曲がるのを自覚しました。
道を覚えようとか、思ったことはあるけれど、地図を持って途方にくれること度々。
だから、あの店に行きたいと思っても、奇跡的に行ける事もあるけれど、行けない事もあり・・・。
お買い物は、都会に行けばいくほど、お店探しに時間がかかります。
やっぱり方向音痴は田舎に住むのが一番かもしれません。
私は都会向きではないのですよね~。

| 元虻田住人 | 2010/08/12 21:49 | URL |

Re: 方位磁石もないのに・・・

元虻田住人さん

暑いと何もする気が起こらないですよね。
ここではそこまでの暑さには達しませんが。。。
昨日の夜なんて、ちょっと寒いかなと思うぐらいでした。

確かに、方向音痴じゃない人の道の説明は分かりにくいですね。
どうしてそんな説明で辿り着けるのか私も不思議です。

この辺りは道が少なくて助かっています。
迷うほど道は無いですからね。

梅田では良く迷いました。あそこは地上だけでなく地下も
覚えないといけないし、地上と地下がどう繋がっているかも
覚えないといけない。私にとっては悪夢のような街でした。

おまけに、たまに帰ると、梅田は最近劇的に街が変わっていて、
昔は良く知っていたところも、今は訳が分からなくなっています。

| Swimmer to the moon | 2010/08/13 07:41 | URL |

私は方向感覚が結構イケています。データはありませんが迷う率は5~8%。スゴイ!でしょ?と言いたいけれど、その5~8%が半端ない迷いです。 碁盤の目で迷いようのない京都は、真逆に進んで行った記憶があります。そう、迷う時は全く違う方向にいくんです(環状線を反対に乗る感じ。実際やりました)
そんな私の楽しみは、1。行ってみたいお店の位置を雑誌やサイトのラフな地図で「なんとなく把握」して、迷いながら捜すこと。着くまでに感動があります(笑)
2。路地を適当に入っていく事。思った所に出るとこれまた感動です。

| あじゃこ | 2010/08/16 16:47 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

あじゃこさん

なんか話を聞いていると、決して方向感覚がイケてるようには
聞こえないけどなぁ。どっちかというと、イッちゃってるんじゃないの?

なんとなく、俺の印象ではあじゃこさんは迷っているという自覚があるのが
5~8%で、残りの90%ぐらいは迷っていることに気付いてないんじゃないの?
たぶん、あじゃこさんを知っている人なら分かってもらえると思うけど。。。

| Swimmer to the moon | 2010/08/16 21:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/123-8aa221eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。