なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一生幸せになりたければ、釣りを覚えなさい。

昨日、久しぶりに海へ釣りに行って来た。

夕マズメ狙いで開始したのは3時頃。

しかし私が釣りたいポイントに人が入っていて、
仕方なくその隣で釣り始めるが、全くアタリなし。

ときどき小さな魚がつついている感触はあるものの、
そんな雑魚は私の相手ではない。

私が狙うのはソイ。

私の釣りたいポイントの占有者が早く帰ってくれる
ことを祈りながら、釣りを続けていると、6時半ごろ
ようやく帰る気配。

他の人に取られないように、すぐにそのポイントへ入った。

しかし釣れない。

おまけに2回あった確かなアタリもタイミングを外す始末。

私の頭にかすかに浮かんでいた坊主の二文字が段々と
大きく太いフォントに変わり始めた。

以前にも書いたが、私には小さなプライドがある。

北海道で釣りをして、鮭釣り以外は一度も坊主がないのだ。

常々、北海道は釣り人のプレッシャーが少なく、釣るのが
簡単と言っている私としては簡単に諦めるわけにはいかない。


しかし、釣れないものは釣れず、頭の中では既に言い訳を
考え始めていた。コンディションは悪くない。強いて言えば
天気が良すぎることが難点といえば難点。しかしこれまでは
そんな日でも問題なく釣っていた。まだソイの季節には
早いのだろうか?

そんなことを考えていると、再び確かなアタリ。合わせを
入れた瞬間にソイであることを確信。今度は確実に乗った。

ソイ独特の強い引き。

いつもより何倍も神経を使いながら、慎重に引き寄せ、
さらに慎重に防波堤の上に引き抜いたのは26cmのまあまあの
大きさのソイだった。

ソイ


釣り人である私にとって、1匹か100匹かは大きな差ではない。
しかし、1匹か0匹かには雲泥の差がある


この1匹を釣ることが出来たことで、私の心はすっきりと晴れ、
素晴らしい午後になった。

ソイは白身で身が引き締まっていて、刺身がおいしいので、
いつもなら刺身にするところだが、今日は庭で育てたタイムを使って
ホイル焼きにした。

ソイのホイル焼き


内臓とエラを取って下処理した後、塩コショウをして、
ニンニクのスライス、タイム、レモン、白ワイン、バター、
オリーブオイルをかけてアルミホイルに包んでオーブンで
焼くだけ。

ついでに、北海道の旬のアスパラとズッキーニも一緒に
包んだ。

簡単な料理だが、魚が新鮮なので、これがなかなか旨い。

これだから釣りは止められない。

中国にこんなことわざがある。

「1時間幸せになりたければ、酒を飲みなさい。 
 3日幸せになりたければ、結婚をしなさい。
 7日幸せになりたければ、豚を殺して食べなさい。
 一生幸せになりたければ、釣りを覚えなさい。」


まさに名言である。


人気ブログランキングへ

こちらも応援クリックして頂けるとなんまら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

応援クリックして頂けるとなまら嬉しいです。

| 北海道生活 | 20:05 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://swimtothemoon.blog12.fc2.com/tb.php/106-37172594

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。