なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

The river (名曲紹介 その8)

Billy Joelがアメリカの都会を代表するアーティストなら、
田舎を代表するのはBruce Springsteenだろう。

都会的に洗練されたBilly Joelと違って、BruceSpringsteenの
曲には泥臭さがあるように思う。

そんなBruceの曲の中で最も好きなのがこの曲だ。



The river by Bruce Springsteen

あるライブで、妹と義理の兄弟のことを歌った曲だと紹介していたが、
この歌詞全体が物語になっていて、聴いているとアメリカの田舎町の
光景が目に浮かんでくる。

曲もいいが、歌詞が特に印象的で、この曲だけで
ひとつの映画ができそうなぐらいストーリー性に
富んでいる。、

毎回聴き終った後に、映画を観た後のような余韻が残る名曲だ。

私は特に次の部分が好きだ。

But I remember us riding in my brother's car
Her body tan and wet
Down at the reservoir

At night on those banks I'd lie awake
And pull her close just to feel every breath she'd take

Now those memories
Come back to haunt me,
They haunt me like a curse

Is a dream a lie if it don't come true?
Or is it something worse?

That sends me down to the river though I know the river is dry

Bruce Springsteenのアルバムを聴いたことがない人には
この曲が収録された"The river"がお勧めだ。

2枚組でありながら捨て曲のない素晴らしい出来上がりと
なっている。





人気ブログランキングへ

こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

応援クリックお願いします。
スポンサーサイト

| 音楽 | 19:33 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。