なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恐るべきカメムシの能力とキャベツダイエットその後

3月に入り、ようやく春の訪れを感じさせる雰囲気になってきた。

とはいえ、今朝のニセコの気温は-17℃。

まだまだ真冬の気温だ。

では、何で春の気配を感じるかというと、晴れる日が増えてきたこと。

ニセコ周辺では12月から2月後半ぐらいまでは、常に雪雲があって、
ほぼ毎日雪が降っている。全く降らない日というのはほとんどないぐらいだ。

それが3月の声を聞くようになると、急に青空が見える日が増え、
昼間の気温が0℃を超えるようになる。

おまけに、どこからか小鳥たちが現れ始め、動物たちも活動を活発にする。
昨日も、家の窓から、雪の上を元気に走り回るエゾリスの姿が見えた。

今年の冬は例年にも増して気温が低く、雪もたくさん降った。

思い起こせば去年の秋、事務所に異常なまでの数のカメムシが現れ、
1日に30匹ほど退治しても、また次の日には同じぐらいいるということが
何日も続いた。

このブログでも何度か取り上げているとおり、この辺りには
『秋にカメムシがたくさん家に現れると雪が多い』という都市伝説ならぬ
田舎伝説があるが、これが実によく当たる。

昨秋の異常なまでのカメムシの数と、この冬の近年稀にみる低温と雪の多さは
この伝説の正しさを改めて証明することとなった。

カメムシ恐るべしだ。

ところで、先日始めたといったキャベツダイエット。

始めてから1か月ぐらい経った頃に温泉で体重計に乗ってみると
65kg。開始から5kg痩せた計算になる。

特別なことは何もしていない。ただ食事前にキャベツを良く噛んで
食べているだけだ。私はいつも料理をしながら、最初に用意した
このキャベツをゆっくりかじっているが、そうすると料理が出来た
時には少し食欲が抑制されているので、必要以上にたくさんの量を
食べる必要がなくなる。

これが私にはとてもいいらしい。

もともと私はほとんど間食はしないが、それでもたまにはお菓子も
食べるし、特に何か他のものを制限したということもない。

まずは最初の目標である65kgまで戻ったことで、少し安心して
最近は頻度を落としてしまったが、現在も順調に減り、先週末に
温泉で測った時には64kg。昨日、我が家のアナログ体重計では
63kgになっていた。

我が家のアナログ体重計は少し怪しいのであくまで未公認記録と
しておくが、私のここ数年のダイエット記録によると、どうも
63kgぐらいが一つの大きな壁らしく、ここからは中々落ちない。

まぁ、64kg程度でもそれほど醜いほどにお腹が出ているという
感じではないが、お腹周りにはまだあと2~3kgほど、
落ちてもよさそうな脂肪がついている気がするので、もう少し
減らしたいところだ。

取り敢えずは、甘くておいしいニセコの雪ノ下キャベツがある間は
続けてみようと思う。



人気ブログランキングへ


こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

応援クリックお願いします。
スポンサーサイト

| 北海道生活 | 19:51 | コメントはこちらから:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。