なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北海道の釣り

釣りが好きな人にとっては北海道は天国だ。

特に、私のようにあまり釣れない内地の釣りを経験している
人間にとって、簡単に大きな魚が釣れる北海道は本当に
素晴らしいところだと思う。

そのせいもあってか、北海道の人口に対する釣り人の割合は
他のどの都道府県よりも高いのではないかと思う。

また、私もかなりの釣りバカだと思うが、雪が降る真冬でも
釣りに行ったり、夜中でも釣り人がたくさんいるという
道民の釣りバカぶりには驚かされる。

ある時、さびきでチカでも釣ろうかとある港を訪れると、
夜明け前だというのに車の停め場所に困るぐらいの
釣り人が既に場所を取っていた。

特に、鮭が釣れる秋の浜辺には、ここは本当に北海道かと
いうぐらい、もの凄い数の釣り人が押し寄せ、ある意味、
札幌中心部以上の人混みとなる。

もともと人混みが嫌いな私は、そんな人混みで場所取りを
してまで釣りをする気にはならず、鮭釣りはほぼ諦めていた。

そんな中、先日も書いたとおり、ゴムボートを手に入れ、
ゴムボート釣りを始めたおかげで、人混みの中で釣りをする
ということからは解放された。

何しろ、一度海の上に出ると、そこは私だけの世界。

広い海を独占しているのと同じような状態になる。

これは今まで味わったことのない感覚だ。

おまけに、港からでも充分に釣れる北海道で、ボートで
沖に出ると、スレていない大きな魚がたくさんいる。

ここ数回はようやく温度が上がってきたことで、
釣果の方も上々。

下記はいずれも午前中だけの釣果。

カジカ
シーズン当初は水温が低かったせいかカジカばかり。これでも近所に半分以上
お裾分けした残り。

カレイ
カレイがいくらでも釣れた。30cm超も珍しくない。

ヒラメ
メタルジグでついに初ヒラメをゲット!

ホッケ
ホッケは開きに。

hirame_karei.jpg
ヒラメ43cmとマガレイ34cm。『左ヒラメの右カレイ』が良く分かる。

また、魚を主に捕食しているヒラメの方が口が大きく、獰猛な顔を
しているのも分かるだろう。

ヒラメとカレイ
ヒラメの5枚降ろし。まだまだ下手くそだが、散々カレイで練習していたおかげで
これでもかなり上達した。

このヒラメが絶品。

カレイとこんなにも良く似ているのに、どうしてこんなに味が違うのかと
思うぐらいヒラメはおいしい。カレイの刺身は昆布〆にでもしないと
水分が多くておいしくないが、ヒラメは本当に旨い。

今回はまさかヒラメが釣れるとは思っていなかったので、活き〆のやり方を
調べていなかったので、帰るまでの3時間ほどスカリの中で活かしておいて、
帰って来てからすぐにさばき、一日熟成させて翌日食べたが、今まで自分で
釣って食べた魚の中でも抜群に旨かった。

もちろん、一人で食べるのは勿体ないので、近所に住む友達を集めて
魚パーティー。ヒラメの刺身に、カレイの昆布〆と唐揚げ。カジカの味噌汁。
魚三昧にみんなとても喜んでくれた。


人気ブログランキングへ


こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

応援クリックお願いします。
スポンサーサイト

| 釣り | 11:06 | コメントはこちらから:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボートを買ってみた

震災以降、地震や原発の話ばかりだったので、今日は
久しぶりにそうではない話をしようと思う。

プロフィールにも書いているとおり、私には趣味がたくさんある。
そんな色んな趣味の中でも、一番長く続けているのが釣りだ。

釣りの面白さは、ある意味スキーと同じで、やったことが
ある人間にしか分からない。やったことがない人にとっては
一日じっと同じところで、魚が釣れるのを待っているなんて
何がおもしろいのだろうと思うのだろう。

しかし、魚が掛かったときの感触は味わったことのある人間に
だけ分かる感覚だと思う。

小学校の卒業文集の作文に、将来の夢は世界中で釣りをすることだと
書いた。その夢はある程度すでに実現していて、カナダ、オーストラリア、
ニュージーランドなどで釣りをしたし、アマゾンでピラニア釣りを
したこともある。

そんな私のような釣り好きにとっても、北海道は特別だ。
まず、関東や関西に比べて釣り人のプレッシャーが少ないから、
魚が良く釣れる。おまけに周囲が海で、川や湖も豊富なことから、
釣れる魚の種類も多く、色々な釣りが楽しめる。
北海道は釣り人にとって、とても恵まれた環境なのだ。

ちなみに、試しに2~3回行ってみた鮭釣りを除いて、
私は北海道では海でも川でもボウズは一度も無い。

そんな私は先日あることに気が付いた。

どうして私はボートを持っていないんだろう?

こんなに釣りが好きで、こんなに恵まれた素晴らしい環境に
住んでいながら、それを100%活かしきれていない。

子供の頃はお金も無かったし、実家にはボートを置いておけるような
スペースも無かった。

しかし今ならボートを買うぐらいのお金はあるし、田舎暮らしの
おかげでボートを置くスペースもある。

そう思った私はすぐにボート探しを始めた。

マリーナにボートを預けるほど優雅な金銭的余裕が
あるわけはなく、ボートを保管しておく大きなガレージが
あるわけでもない。

そんな私の選択肢は自然とゴムボートになった。

そして手に入れたのがこれ。

boat


ゴムボートと言っても、子供がビーチで遊ぶようなものではなく、
エンジンを付けることができる本格的なものだ。

今の日本の法律では2馬力以下で3m以下のボートなら、
免許がいらない。私もまずは免許なしで始めることにして、
2馬力のエンジンを選んだ。

そして今週、さっそく進水式をやってきた。

初めて日本海へ行った日は微妙に波が高かったので結局出航せず。
今度はもっと天気予報を真剣に検討し、翌日、波の穏やかそうな
噴火湾に出撃することにした。

今度は波も穏やかで、無事に出航できたが、ボートを電動ポンプで
膨らましたり、エンジンにガソリンを給油したりと、ボートを
購入した店の店長さんに操作方法は聞いていたものの、初めての
ことばかりで、なかなか大変だった。

慣れれば15分ほどで出航準備は出来るはずだが、初めての私は
1時間ぐらい掛かってしまった。

実はエンジン付きのボートはこれまで一度だけ運転をしたことがある。
場所はオーストラリア。カカドゥというジャングルにある川で、
人食いワニとして有名な入り江ワニがうじゃうじゃいる目の前にも
関わらず、進み方だけを30秒ほど説明されただけで出発。
日本では有り得ないオーストラリアらしい適当さだった。

話は逸れたが、出航後も、アンカーの使い方やボートの中での
身のこなし方など、色んなことが慣れない事ばかりで、あまり釣りには
集中できなかった。

結果は、まだ水温が低いせいもあるのか、楽に釣れると思った
カレイは全く当たりすらなく、しょうがないので磯の近くへ移動して
なんとか釣った20~25cmほどのギスカジカが2匹だけ。

2匹ともリリースしたが、後で調べてみると、ギスカジカと
いう魚は鍋にするとおいしすぎて、みんなが鍋の底までつつくから、
「なべこわし」という異名があるほどおいしい魚だとか。
今度は持ち帰って食べてみようと思う。

ボートで出てこの貧果は情けない限りだが、今回は釣りよりも、
ボートを出したり、運転したりということに慣れる事が目的で、
実際にボートを出していたのも3時間ほどだったし、漁船の
出入りの激しい場所だったので邪魔にならないようにと気が気で
なかったから、まぁ仕方が無い。

何と言ってもその日の朝の気温はまだ2℃。
北海道はまだまだ寒いのだ。

もう少し暖かくなったら、今度はしっかりと大物を釣って、
ここで紹介できるようにしたい。









人気ブログランキングへ
こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ

応援クリックお願いします。

| 釣り | 20:25 | コメントはこちらから:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Wasted Death

昨日、温泉に行く途中、道路脇にキツネの死体が
横たわっていた。

おそらくは車にでも轢かれたのだろう。
既にどこからかカラスがやってきて、死肉をついばんでいた。

こうやって車に轢かれた動物のことを、英語で「roadkill」という。
ニュージーランドでは良くウサギやポッサムの死骸を見たし、
オーストラリアでは郊外の道路脇にたくさんのカンガルーやワラビーが
死んでいた。

そんなことを思い出しながら、私の頭の中には、先日の釣り場での
ある光景が浮かんでいた。

海で釣りをしていると自分が狙っている魚以外にも、
いろんなものが釣れる。

それは、外道の魚であり、ヒトデであり、ナマコであったりする。

そんな、自分の意にそぐわないものが釣れた時、それをそのまま
防波堤の上に放置する奴がいるのだ。

先日の防波堤の上にも、そうやって干上がって死んだヒトデが
たくさん転がっていた。

私はこういうことをする人間が全く理解できない。

ただ黙って海に投げ返せばいいだけなのに、それを足元に放置して
殺してしまう。

ヒトデの他に、良く犠牲になるのがウグイだ。

ウグイは良く釣れる魚なのだが、特に北海道では食べてもまずいと
信じられていて、釣れたらそのまま放置する人がいる。

餌を取られた悔しさか、それとも、再び釣れるのを避けるためか、
どちらにしても、そんなくだらない理由で殺してしまう人間に
私は釣りなどする資格はないと思う。

人間が生きていくためには、他の生き物の生命を犠牲にしないと
いけない。ベジタリアンだって、植物の生命を犠牲にしている。
だから、仏教でいう殺生の全てを否定しているわけではない。

しかし、無駄に、意味も無く生き物を殺すという行為は全く意味が違う。

ヤドカリ
写真は私が釣ったヤドカリ。もちろん、海へ帰した。

私の知り合いのカナダ人が面白いことを言った。

彼は野菜と魚は食べるが、肉は食べない。
理由は、魚は自分でもさばけるが、動物は自分ではさばけないからだと
言うのだ。とても深い考え方だと思った。

要するに、もっとひとりひとりがこういったことを真剣に考える
べきなのだと思う。


話題になっている鯨の問題についてもそうだ。

私は、牛や豚はいいけど鯨はダメだという意見には賛成できないし、
逆に、昔から食っているからいいじゃないかという考えにも反対だ。

結局、食べてよいもの、食べるべきでないものというのは他人が決める
ことではない。

要は、各個人がもっと自分が食べるものに関心を持って、良く考える
べきなのだと思う。

その結果、鯨は知能の高い動物なので、食べるべきではないという人が
ほとんどであれば、商業捕鯨はそもそも成立しなくなるだろう。
逆に、それでも食べるという人が10%居れば、10%に見合った規模で
商業捕鯨は続くだろう。

もちろん、資源が減ったという話が伝われば、その時々で、また各人が
考え直し、自身の結論に従って行動すればいいのだと思う。

今日は、放置されたヒトデたちの無駄な死(wasted death)を見て、
あまりに腹が立ったので、堅い話になってしまった。

以上、青年の主張「生命について考える」でした。


人気ブログランキングへ

こちらも応援クリックして頂けるとなんまら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

応援クリックして頂けるとなまら嬉しいです。

| 釣り | 18:50 | コメントはこちらから:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リベンジ。。。ならず

岩内スキー場

昨日、朝4時に起きて、前回のリベンジの釣りに行った。

前日の予報では最低気温-2℃、最高気温5℃、晴れ。

風も前回とは違い、3~4mの予想。

申し分ない。

ただ、唯一の懸念材料は小潮。

海で釣りをする人は分かると思うが、潮があまり動かない
小潮は釣りには向いていない。

でも、自然はそんなに我々の都合のいいようにはいかない。

朝、外に出ると、空には三日月が出て、羊蹄の山の端を
きれいに映し出していた。


すっきりと晴れたおかげで、放射冷却の影響で、予想より気温は
下がっているように感じられた。

釣竿

早朝はとても寒かったが、8時ごろから気温がプラスに
転じたと思われ、日光を浴びているととても暖かく感じられた。

天候は申し分がなく、とても気持ちが良かったが、やはり
潮の影響だろうか、お魚さんたちはあまり反応してくれない。

それでも、なんとか5匹のカレイを釣り上げたところで、
地元の人らしきおじさんに話しかけられた。

防波堤の入り口からひとりずつに釣果を訊いてまわったらしいが、
いい人で3~4匹、全く釣れてない人もたくさんいると言う。

フィッシャーマンとしての私の小さなプライドがちょっと回復した。

そういえば、隣の6人組のおじさんたちも、釣れたのは1人だけ
だったし、いつも来ているらしい人はこんな悪い日は初めてだと
言っていた。

私は北海道の釣り人について思うことがある。

こんなことを言うと怒られるかもしれないが、道民はあまり
釣りが上手くない。


おそらく、釣れるのが当たり前の環境に慣れすぎているのだろう。

隣の6人組も、釣れない、釣れないとぼやいているだけで、
工夫をしている様子が全く無い。

私も、投げ釣りは素人だが、それでも投げるポイントを変えたり、
反応が無ければ1~2mずつ巻いて、点ではなく線で釣る位の
ことはしている。

内地出身の私は釣れない環境に慣れているのだ。

だから、北海道で坊主なんて、私には考えられない。
(などと言っていると、そのうちやってしまいそうだが)

結局、そこそこの大きさのマガレイが1枚と小さなマガレイが2枚、
これまた小さなクロガシラカレイが2枚の計5枚に終わった。

本当の意味でのリベンジにはならなかったが、釣りのいいところは
釣果が全てではないこと。この素晴らしい景色の中で、ゆったりと
した時間を過ごせるだけでも、とても気持ちがいい。

魚干し網

一番大きかったカレイは煮付けに、他の4匹は干し網で
一昼夜干して、骨まで食べられる唐揚げにした。

自然の恵みだ。


人気ブログランキングへ

こちらも応援クリックして頂けるとなんまら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

応援クリックして頂けるとなまら嬉しいです。

| 釣り | 20:06 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

意地とプライド

岩内防波堤

今朝、早めに起きて今日の天気予報を見た。

晴れ。予想最高気温5度。

申し分ない。とうとう今シーズン初めての釣りに
出動するときが来たか。

しかし、ひとつ問題があった。

風が9mもある。

釣りをする人は分かると思うが、釣り人にとって風は最大の敵。
しかも9mもあれば、普段は間違いなく自重するところ。

しかし、今年は3月に入っても温度が低く、これまでずっと
我慢してきた。

迷ったあげく、取り敢えず行ってみることにした。

着いてみると、予想以上の暴風。

あまりに酷いのでそのまま引き返そうかとも思ったが、せっかく
40分ぐらい運転してきたのに、海を目の前にしてそのまま
帰るのももったいない。

しかし、ここで私にはひとつのジレンマがあった。

私はこれまで、北海道で何十回も釣りをしてきたが、
坊主(1匹も釣れない事)になったことが一度もないのだ。

(正直に言うと、鮭釣りでは坊主があるが、鮭釣りは
ギャンブルのような釣りなので除外)

今日釣りをすると、初めての坊主を記録してしまう可能性は
濃厚だった。坊主は私の小さなプライドが許さない。

それでも、このまま引き返す気にはならず、やってみることにした。

防波堤を歩き始めると、思った以上に風は強かった。
前に進むのも困難なぐらいだ。

いつもより倍ぐらいの時間を掛けて釣り場に着き、
竿をセットして投げるが、いつもの半分ほどしか飛ばない。

おまけに、風と波でおもりがどんどん流されていく。

風は、保冷剤で重いはずのクーラーを倒し、竿が入ったロッドケースを
飛ばし、水の入ったバケツをおもりにした竿立てをひっくり返した。

これはもはや釣りではない。罰ゲームか我慢大会のようだった。

それでも私は、竿を置いてアタリを待つが、穂先どころか、竿全体が
ブルブルと風で揺れる始末。

これではアタリを取るのは至難の業だ

釣り人というのは世界共通で、自分が一番上手いと
思っている。釣れたのは全て自分の腕で、釣れなかったのは
全て天候などの条件が悪かったせいだと考える。

私は早くも釣れない言い訳を考え始めていたが、
今日の場合は、この風以外の何ものでもない。

とにかく、1匹だけなんとか釣って帰ろう。

そして、風とアタリを間違えて、巻き戻すこと数回。

ついにアタリらしいアタリがあって、リールを巻くと
ずっしりとした重みがあった。

引き寄せると大きなカレイが付いている。

ようやくこれで帰れる。

そう思って3mほどある防波堤の高さを巻き上げていたとき、
ちょうど防波堤の高さに達したところで、カレイが突風に
煽られて海に落ちた。

あぁ、帰れない。

しかし、ポジティブな私は、こんな風の中でも魚が餌を
食っていることに一気にテンションがあがり、俄然やる気が出た。

この風でも魚が食ってきたのだから、もう風を言い訳にする
逃げ道も無くなった。

1本しか出してなかった竿を2本にして本気モード突入。

そうすると、ひとついいことがあった。

2本の竿を並べて比べることで、風や波で竿が揺れているのか
魚のアタリなのかを判断する材料が少し出来たのだ。

待つことしばし、片方の竿に異変を感じた私は、今度はしっかりと
合わせを入れて巻き上げると、しっかりとした手ごたえがあった。

そうして、ようやく釣り上げたのがこれだ。カワガレイ27cm。
カワガレイ1

カモメが私の獲物を狙っている。渡してなるものか。
カモメ

1匹釣り上げると、今度は欲が出た。

1匹では夕食にはちょっと物足りない。

さらに粘った私は、もう1匹、目の前でばらしはしたが、
なんとか1匹追加することができた。

カワガレイ2

しかも、なかなかの大物で32cmある。

2匹目を釣った私はもうここには用は無い。

そそくさと帰る準備をして、防波堤を歩き始めた。

来るときに向かい風で私が来るのを拒んでいた海の神は
今度は背中を押して、私に早く帰れと言っているようだった。


ゆっくりと歩くことすらできず、自然と小走りにならざるを
得ないほどの風だった。



こうして、今回釣ってきたのはカワガレイ。ヌマガレイとも
呼ばれ、春の早い時期に良く釣れる。良く見ると分かるが、
この魚はカレイなのにヒラメと同様に、目が左側にある。

あまり人気のない魚のようだが、漁師町である岩内出身の女の子が、
実は刺身にするととても旨いと教えてくれたので、今回は大きい方を
刺身にして、小さい方を煮付けにした。

刺身はこりこりとしていて、とても美味だった。
また、どちらもメスでこっこ(北海道弁で魚の卵のこと)を
持っていたので、一緒に煮付けたら、こちらもとてもおいしかった。

2時間半ほどの初釣りであったが、なんとか私の意地と小さなプライドは
保つことができた。



人気ブログランキングへ

こちらも応援クリックして頂けるとなんまら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

応援クリックして頂けるとなまら嬉しいです。

| 釣り | 21:41 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。