なまら好きやねん北海道

都会生活にうんざりし、海外生活も経験した関西人が北海道の素晴らしさに感動しながら、その生活ぶりを紹介するブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北海道になぜカブトムシ?

北海道のカブトムシ

先日、道内を旅行中、層雲峡近くのとあるビューポイントの
植え込みの木につまかっているカブトムシを見つけた。

北海道にカブトムシ?

子供の頃、カブトムシやクワガタが大好きだった私は
北海道にはカブトムシはおらず、クワガタしかいないという
話を聞いていた。

今まで見たこともないぐらい小さなオスだが、これは紛れもなく
カブトムシ。

手に乗せると、私の手に一生懸命に口をこすりつけてくる。

お腹が空いているのだろうか?

もしかして、樹の幹と間違えて、擦れば樹液でも出ると思っているの
かもしれない。 

北海道のカブトムシ2

持っていた、かなり酸っぱいハスカップの実を試しに与えてみると、
意外にも夢中になって食べ始めた。

後で調べてみると、北海道でも1970年代ごろから、おそらくは
人為的に持ち込まれたとみられるカブトムシの生息が確認
されるようになっているらしく、今では北海道のかなり広いエリアに
生息圏を拡大しているとのことだ。

幼虫時代とはいえ、よく北海道の厳しい冬に順応したものだと思う。











↑こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

応援クリックお願いします。
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:19 | コメントはこちらから:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金町小かぶ、二十日大根、サラダ大根の間引きを行った。

プランターで育てている金町小かぶ、二十日大根、サラダ大根が混み合ってきたので
間引きを行った。

これが間引きを行う前の様子。

金町小かぶ
金町小かぶ

二十日大根の間引き後
金町小かぶの間引き後


二十日大根
二十日大根とサラダ大根

サラダ大根の間引き後
二十日大根とサラダ大根の間引き後


う~ん、どうだろう? 少しはすっきりしただろうか?

かなり頑張って間引いたつもりなのだが、あまり違いが良く分からない。^^
間引きって、簡単なようで実は奥が深いのかも。


間引き菜

そしてこちらが間引き菜。

間引き菜サラダ

勿体ないので、そのままサラダに入れて頂いた。

間引き菜の他に、サニーレタス、ズッキーニ、スナップえんどう、
それからアイコさん。

いずれも我が家で採れた野菜たちだ。

ついに、サラダが自給自足できる季節となった。
これからしばらくは野菜を買う必要は無さそうだ。

短い北海道の夏。しっかりと満喫したい。










↑こちらも応援クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

応援クリックお願いします。

| 未分類 | 19:50 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

内地時代の原稿 その2

懲りずに昨日の続きです。
時間的には前後していますが、ご容赦ください。

============原稿抜粋開始==============

3時ごろ先発隊として新千歳空港に到着した私は支笏湖へ
ドライブの後、他の2名の隊員が到着するまで時間があったので
千歳の隣町の恵庭市まで足を伸ばし、そこで見つけた百円均一の
回転寿司から攻めることにした。

店内に入ってまずショックだったのが、店員に訛りがないこと。

「いらっしゃいませ。そちらにお名前を書いてお待ちください」と
いうイントネーションはまるで東京と同じ。

そこには「いらっしゃいませだべさ」も「したっけ」もない。

この事実は「訛りフェチ」の私を少なからずがっかりさせた。

本題の寿司はというと、ネタも新鮮で充分に満足のいくもので
あったが、これなら東京でも探せばあるかなというレベルのもので、
絶賛という域に達するものではなかった。まぁ考えてみれば、
お腹一杯食べて消費税込みで1,365円しか払っていないわけ
だから文句をいえる筋合いではない。

この後、夜の10時30分に千歳で後発隊2名をピックアップし、
徹夜のドライブで一路知床へ向かった。

途中、帯広あたりの真っ暗なところで車を停めて満天の星空を
眺めていると、通りがかった車が我々を心配して声を掛けてくれた。


おそらく地元では、こんな何もないところで車を停めるなどと
いうことは故障でもない限りしないのだろう。

その優しさに一同感激。

北海道っていいな。

============原稿抜粋終わり==============

こんなさり気ない優しさが、行く先々で印象に残った。

この旅行のときも、そして移住してからも感じるのは、道民が
よそ者にも親切だということ。

内地の、特に田舎の方ではとても排他的なところが多い。

やはり、北海道はカナダと同様、移民で成り立っている社会だ。
今では少数派となってしまったアイヌの人達を除いて、日本の
歴史から考えれば比較的新しい時期に先祖が移民してきた末裔
だから、自分たちより後にやってきた移住者にも親切なのだろう。



FC2Blog Ranking

こちらも応援クリックして頂けるとなんまら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

応援クリックして頂けるとなまら嬉しいです。

| 未分類 | 20:29 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

SEO対策:北海道 SEO対策:生活 SEO対策:北海道弁 SEO対策:雪国 SEO対策:移住
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。